Entries

スポンサーサイト

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

-件のコメント

[C182]

うわ~ナントお義母さんの一言!
酷いですね!きっつ~~~!
えらいsanbenedettoさん!よく耐えました。
これは冗談ともよべないですね。
こういう事いうと傷がつく事考えないのでしょうかね?旦那様がついていてくれる事だし、絶対お気になさらないでくださいね!

[C183] emiさ~ん!

きっついっしょ、きっついっしょ?
えみさん優しい・・・涙。
うん、もう気にしないことにした。
ふざけてる、とか、冗談とかそんなことじゃないですよね~こんなん。
emiさんありがとう~!
あ、えみさんの新しい記事みたけど、途中で恐くてギブアップした。恐いよ~。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C184]

これは・・やはり天真爛漫というよりは、単なる野蛮の国からお出ましになり、いきなり都会の動物園に入れらて、50年くらい経った今も、なんだか良くわかってない状態のゴリラじゃ・・ございませんこと?(ゴリラよ許せ。君にうらみはないが・・良い例えが、みつからなくてな・・すまぬ)家はね。一番最初に姑が、外国人と結婚して離婚になった場合、可愛い孫を連れ去られたらどうしょう?という非常に無邪気な考えから発した発言を舅に一括されて・・大人しいですのよ。彼女の場合、娘や息子に対しても天真爛漫で、自分が気にいらないと、プンと怒っているので、嫁だから・・とかいう区別は余りないです。ただし・・実は家の場合は、一番上の姉(姉が2人いる)と兄の家族が、ウルトラ・スノッブで、それが私には耐えられない。で・・ここ数年冷戦状態が続いている。だから・・彼の実家には行きますが、家族全員集合のクリスマスは、何があっても行きたくない。というところまで来てますね。が・・これもサンベネちゃんのところと同じく良人の理解があるので、非常に消極的な策ではありますが、クリスマスになると私はコレラとかマラリアにかかる事になってます。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C185] ihokoさ~ん!

定期的にコレラとマラリアにかかるようですね・・・うははは、それは、とてもじゃないけど、クリスマスどころじゃないですね~。私の家族は姑意外にはあんまり嫌な人もいないのは、ラッキーです。あ~、これ義姉が嫌な奴ってのはかなり痛いパターンではありますね。姑より若いですしね~。
天真爛漫、無邪気に残酷なことをする、ね、まるで野生動物。人間の理性ってもんが欠如してるんざます。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C186] はじめまして!

Sanbenedettoさん、初めまして。
「イタリア、姑、疲れた」と検索してたどり着きました…(笑。だって、私もまったく同じような状況なんですもん。というか、Sanbenedettoさんのお姑さま、うちの姑ですか?というくらい似ている所ばかりです。「お金=偉くて威張れる」と思っているところもまったく同じ。
本当、「野生幼稚園児」という言葉、ぴったりですv-218
はぁe-403これからもお互い、「イタリア生活 + もれなく扱いにくい姑というおまけつき」がんばりましょうねe-337
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : watashimo
  • URL
  • 編集

[C187]

嫁姑問題は苦労が絶えませんねぇ。
Sanbenedettoさん、義母さんを“天真爛漫”って良い表現ですね。私は、シチリア人をズバリ、“無知”って書いちゃっています。ちょっと遠慮して“変人”って書くこともありますが。

サンタンジェロさんは味方になってくれるんですね~。いいなぁ~。うちは典型的なマンモーネなんで・・・。逆に、意見の違いで議論に発展すると、義母に言い付けに行くくらいでやっかいよ~、まったく~(ーー;) 母と息子を引き離すのが当面の課題ですね。

お互いタイヘンですけど、イタリアで生き延びましょうね~。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : ジャコミーナ
  • URL
  • 編集

[C188] watashimoさ~ん!

いらっしゃ~い!
はじめまして!
すっごい検索しちゃったんですね・・・それで、私のとこに漂流したんですか?ふふふ。それ、おっもしろ~い!!
でも、検索するってことは結構辛いってことなんでしょうね・・・。お察しします。イタリアの姑手強いですよね~、ま~、オブラートに包んでとかいう配慮も奴らはないですしね~。嫌なことがあったら、私のブログにきてサンベネデットも結構ひどい目にあってるなって思ってご自分をなぐさめてあげてくださいね!
また、きてくださいね~!!
  • 2008-10-15
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C189] ジャコミーナさ~ん!

いいっしょ、天真爛漫って。
馬鹿みたいに能天気でな~んも考えてないから明るいし、ま~のびのびと人を傷つけるようなことを笑顔で言ってきますからね~。幼稚園児と一緒ですから、そんなふうによんでみました。特に私の姑は少女のように、キャプキャピしてるので、その表現がピッタリです。もう、50も半ばのおばはんですけどね。

うちのもゾゾゾゾゾーと身の毛のよだつマンモーネでしたけど、キモイから止めろ~を寝てる耳元で毎日ささやいたら直りました。うっそだよ~ん。
切り離すの本当に大変でした・・・。戦争戦争また戦争。でもサンタンジェロの場合グレーゾーンってあんまりないので、ここ数年フェスタでもなければ、実家に帰っても挨拶のキスもしなくなりましたよ・・・。そこまでしろとは言ってないのだけれど。
時々、姑がかわいそくもなるけど、それが、イタリアの全ての元凶であると思っているので、心を鬼にして挨拶のチューをしないのは、見て見ぬふりをしています。

ほーい、お互いがんばりましょうね~!!
  • 2008-10-15
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C196] ありがとうございます(^_^)

Sanbenedettoさん、優しいお言葉ありがとうございます。
そうなんです、ちょっとここ数日、人間大砲でどっかーんと飛ばされてひゅーーーんって墜落した感じに落ち込んでいたので、ついつい「誰か似たような経験してる人、いないの!?」とヤケになり検索してしまいました…(恥 (´ω`)ゞナハハ
本当、悪い人じゃないんですけどね… でもたまに疲れちゃいますよねぇ~(・Θ・;)
Sanbenedettoさん、どうぞ心労で体調を崩したりすることのないよう気をつけてくださいね。
  • 2008-10-16
  • 投稿者 : watashimo
  • URL
  • 編集

[C198] watashimoさ~ん!

心労で体調くずすとか本当に洒落になりませんよね・・・。姑がどうにかなっても、外には笑いながら手榴弾をなげてくるような敵がいっぱいいますものね・・・。楽じゃありませんね、イタリアに住むって。
また、私の無益なブログをみて、コメントしてくださったら嬉しいです~!
  • 2008-10-16
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C215]

わたしね、自分のブログには姑の話題は一切書かないようにしているんですよね、ですけどね、今回は書くよ(爆)
うちの姑とサンベネちゃんとことの姑は多分親友になれるかもね~。「にっくきアジアの嫁」って悪口言い出したら止まらないかも。
あたしもさ、昔家族の記念日にパーティーがあったとき、記念写真に「本当の家族だけで撮りたいから、あんたは遠慮して」ってはずされたことあったよ(爆)
もちろんお口あ~んぐりですよ。夫は抗議したけど、馬鹿、あ、いや違う母親思いの娘が「マンマの記念日なんだからマンマの好きなようにさせてあげるのが愛情でしょ!」だって。
いやね、別にあたしも絶対に写真に入りたいわけでもなかったし、どうでもいいからさ(失敬?でも本音)全然気にもしなかったけど・・でも多分むこうはあたしがケロッとしているのも面白くないんだろうな~って思うよ。
あれだね、すべての姑じゃ勿論ないけど、南のマンマは独占欲が強すぎ、でそれを正直に出しすぎだよね。で、息子も夫もそういう彼女に慣れて諦めているのでもう誰も口答えしない、あれも悪循環。まぁさ、こんな嫌がらせして本人が幸せって感じるような人なんだよ、あたしだったらここまで人には嫌がらせできないので逆にすごいな~って思っちゃう。
  • 2008-10-18
  • 投稿者 : きっこ
  • URL
  • 編集

[C222] きっこさ~ん!

きっこさんとこも、まあ~天真爛漫に我を通すね~。それはね、子供だけがやっていいの!
それは、本当に腹たつね!イタリア人ってさ~、息子娘が結婚して家族が増えたっていう感覚はないみたいだよね。それで、わしが、子供でも産んだら、孫は家族だけど嫁は家族じゃねえ。って言う感じになるのかな。あのアホ(失敬)に家族とは結婚とかを説いてもなんにもならんから、それはそれで、いいのだけどさ~、しっかし、一緒に居るときにそういう風に排他的なことされると、どかーんとくるね。
子供がうまれたら、「あ、この子は半分日本人で、本当の家族じゃないので、写真は遠慮させていただきます」といってやりたいね、それは、自分のレベルをさげすぎか?でもさ~、きっこさんも言ってたけどさ、時にはガツーンといってやらないと、オバカたちが、つけあがるからね~。

MIKAさんのプラスチックフォーク事件も相当腹たったけど、きっこさんの写真事件もかなり腹たつ~。もし、私がそれ言われたら、サンタンジェロと「ちょっと、オメェここ座れ」から始まって大喧嘩だよ。

>息子も夫もそういう彼女に慣れて諦めているのでもう誰も口答えしない、あれも悪循環。

そうそう、悪循環!!夫が一番の馬鹿だよね。オメェは腑抜けかよ。シラーとか、ニヤーとかしてんじゃねえっつーの。あんなこと日本の嫁さんが言ったら、あとで、とんでもなく夫に叱られるよね。イタリア人の天真爛漫さには、辟易するよ・・・。
  • 2008-10-19
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sanbenedetto.blog44.fc2.com/tb.php/93-832dd606
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

あのババア(失敬)を黙らせろ

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
サンタンジェロのお父さん、つまり私の舅ですが、8人兄弟でしてそのうちの2人がアメリカのニューヨークとオハイオにいるらしいのです。

3年くらい前の春です。
舅の思いつきか、舅、姑、サンタンジェロ、私、クリスティーナ(サンタンジェロの妹)、マッシモ(クリスティーナの夫)の6人全員でアメリカに行こうと言い出しました。費用は向こうが全部負担してくれるそうで、断る理由もありません。いいよ、いいよ~と私たちはアメリカ行きを喜んでいました。

そんな話があってから1ヶ月くらいたったでしょうか。サンタンジェロと私で、ある日曜日に彼らの家を訪ねました。サンタンジェロは実家では無口ですから、しょうがないので、私がどうでもいいような会話を姑としていたのです。すると、突然サンタンジェロが

「パスポートもう作ったの?」

と言ってアメリカ行きの話に突然変わったのです。
ウダウダとビザを取るのが大変らしいとか、パスポート自体はもうすぐ出来るはずだ等と奴らが話していたのだけど、ここで来ました世界KY選手権大会第1位の姑。




「あたしゃぁさあ~、4人でアメリカ行きたいねぇ。アンジェロ(舅)と、私と、私の息子と娘でさ~。マッシモはシチリアに帰ってさ、サンベネデット、日本に帰ったら?ウキャキャキャキャ!!」


( ゚Д゚)
あまりのことに私、完全に言葉を失いました。
シチリアに帰ったらだと?日本に帰ったらだと?コイツ(言葉遣いすんません)頭おかしいじゃねぇか?何、もしかして、私が「どうか、お願いします、アメリカに連れて行ってください」とかって頼みました?何その付属品のオマイラもしょうがね~連れてってやるよっていう高圧的な態度は?あ?俺はなぁ~アメリカなんかもう行った事あるんだよ。連れてってもらわなくたって結構だよ!




「じゃ、そうすれば?」





それだけ一生懸命怒りを面にださずに言って、家に帰ってきた。
このおばはんと私はもう何回もバトルしてるんで、このおばはんがバトルするとヒステリーになって収集つかないことは承知してます。せっかくの日曜日に、こんなおばはんとバトルするのはいやです。
サンタンジェロはまた母さんが馬鹿なこと言い出したよくらいに思っていたみたいです。それにも頭きました。
「母さんはふざけて言ったんだよ~」
だって・・・。ふ、ふざけて言ったらなんでも言っていいのかよ!!
オメーがあのババア(言葉遣い失敬)を黙らせろよ!!とサンタンジェロに噛み付いたものでした。言うまでもなく、アメリカ行きは断りました。そうすっと、あの4人だけでアメリカに行くのが不安になったのか、4人も断念したようです。

~してやってる。~に連れてってやる。人を卑下したその態度が頭にくるっちゅーの!!自分の息子娘は当然だけど、おめえらはしょうがねえから連れてってやるんだよ、その辺解るサンベネデット?的な態度!!あたまくるー!
うちの姑ってそういうこと平気で言うんですよ。言いたいときに言う~、食べたいときにたべる~、うんOしたいときうんOする~っていう獣のように欲求と行動が一直線なわけです。だからなんにも深く突き詰めたことはないんでしょうね。


サンタンジェロがそれを、自分のいとこにしゃべってたらしく、いとこの家に行ったら、あいつはちょっと頭がおかしいから放っておけと言われた。そのいとこ家族に慰められて、大分私も落ち着いたのでした。

その同じ年にサンタンジェロと私は日本にいきました。私の家族はサンタンジェロを暖かく向かえ、富士山麓のホテルで会席料理を食べたり、湖を見に行ったりいろいろ計画しててくれたのです。そこで、サンタンジェロに思い出させてやりました。

「もしさ、うちの家族がこの旅行にはサンベネデットと家族水入らずでいくから、オマエは東京に残ってろって言われたら、あんたどう思うよ。え?」
「・・・・嫌な気持ちがするね・・・」
「そうだろう、そうだろう。しかも自分のお金で行く旅行じゃなくて、連れて行ってもらう立場でそういうこと言われてみ、どんな気持ちがすることか。」
「うちの母さん馬鹿だからしょうがないよ。」
「しょうがなくねーよ。あんたや、お父さんがボーっと黙ってるから馬鹿が直らないんだよ。」

私の家族は、そりゃもう、王子様がやってきたくらいに張り切っていろんなことを計画して、おじさん(株で生活してるから暇)が専属タクシーになってくれて、何年も日本に帰れないでいた私も楽しく日本で過ごすことができたのでした。しかし、サンタンジェロはイチイチ思い出させてやらないと、改めて考えてみるってことをしないので、しつこくも言いました。

「みたか、日本人の心意気をよ~」
「日本人はみんなやさしいね。」
「そうだろう~、イタリア人みたいに思ったこと言えばいいなんて思ってる人は一人もいやしないんだよ、この文明国家には(いるけど、いないことにしておく)」
「イタリア人は日本人にくらべたら、原始人だな・・・。」
「そうだろう~、あんたのお母さんなんか、ありゃ獣だね」
「獣はひどいだろうが!(`Д´)
「ひどかないよ!!獣はねうんOしたい時にうんOするんだよ!同じじゃねーか!」
「うちの母さんはうんOは我慢できるよ!」
「そういうこと言ってんじゃないんだよ。抑制が効かないのは人間じゃないって言ってんだよ!」
「・・・」
「今度、あれが、またなんかヒドイこと言った時には、サンタンジェロの責任だからね。ガツンといってくれなくちゃ困るんだよ。」
「・・・OK・・・」
「どうにかしないんだったら、サンタンジェロはお母さんのところに返品するからね!!」
「また~、そういうこという~」
「そういうこという~じゃないよ!!返品だよ!返品!!」
「・・・」

それからというもの、返品されたくないのか、姑がどうっしょもないことで人を傷つけるようなことを言ったときは、サンタンジェロが激怒しますので、姑も物事を咀嚼して考えるようになったようです。


日本にいた頃はまあ、心の狭い人が世の中いるもんだ~と思ったことが何回かあったけど、ここまで、あからさまに天真爛漫に嫌なこと言う人はみたことなかった。悪気は一切ないんです。ちょっとばかし、4人で水入らずで~と思っちゃったら、こっちがお金だすんだから行く人を選らんでもいいのではくらいに思ったのでしょう。自分が何かお金を払う立場のときは必ず、強い態度に出る人ですから、良くわかってます。強い態度にでてやろうとかって思ったとかじゃないんです、純真無垢な人ですから、お金を払う人=いばってもいい人っていう図式があるらしくて自然にそうなっちゃうんです。私の姑は野生幼稚園児ですから、計算高いことなんてできないんです。だからベラルーシ人Rみたいなことはできません。でも、その純粋無垢さゆえ知らずして人を傷つけているのですが、人を傷つけたということにさえ気がつかないのです。


あの時は1年くらい口も聞かなかったです。そのうちに向こうからジリジリにじり寄ってきました。サンタンジェロががんばって、黙らせているお陰で私も普通の平和な生活を営むことができてます。そうでしょう?嫌な姑って、夫の責任だと思いませんか?
うちの姑は、普通に会話してるときは、無邪気でかわいらしくもあるのですけどね・・・ふざけだすとストップが効かなくなって・・・間違える・・・協力的な夫をもっただけでも良しとするか。
ブログランキングに参加しています!今日もご訪問いただきましたついでに以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけますと、大変励みになるでございます。
今日もご訪問いただきありがとうございました!
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

12件のコメント

[C182]

うわ~ナントお義母さんの一言!
酷いですね!きっつ~~~!
えらいsanbenedettoさん!よく耐えました。
これは冗談ともよべないですね。
こういう事いうと傷がつく事考えないのでしょうかね?旦那様がついていてくれる事だし、絶対お気になさらないでくださいね!

[C183] emiさ~ん!

きっついっしょ、きっついっしょ?
えみさん優しい・・・涙。
うん、もう気にしないことにした。
ふざけてる、とか、冗談とかそんなことじゃないですよね~こんなん。
emiさんありがとう~!
あ、えみさんの新しい記事みたけど、途中で恐くてギブアップした。恐いよ~。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C184]

これは・・やはり天真爛漫というよりは、単なる野蛮の国からお出ましになり、いきなり都会の動物園に入れらて、50年くらい経った今も、なんだか良くわかってない状態のゴリラじゃ・・ございませんこと?(ゴリラよ許せ。君にうらみはないが・・良い例えが、みつからなくてな・・すまぬ)家はね。一番最初に姑が、外国人と結婚して離婚になった場合、可愛い孫を連れ去られたらどうしょう?という非常に無邪気な考えから発した発言を舅に一括されて・・大人しいですのよ。彼女の場合、娘や息子に対しても天真爛漫で、自分が気にいらないと、プンと怒っているので、嫁だから・・とかいう区別は余りないです。ただし・・実は家の場合は、一番上の姉(姉が2人いる)と兄の家族が、ウルトラ・スノッブで、それが私には耐えられない。で・・ここ数年冷戦状態が続いている。だから・・彼の実家には行きますが、家族全員集合のクリスマスは、何があっても行きたくない。というところまで来てますね。が・・これもサンベネちゃんのところと同じく良人の理解があるので、非常に消極的な策ではありますが、クリスマスになると私はコレラとかマラリアにかかる事になってます。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C185] ihokoさ~ん!

定期的にコレラとマラリアにかかるようですね・・・うははは、それは、とてもじゃないけど、クリスマスどころじゃないですね~。私の家族は姑意外にはあんまり嫌な人もいないのは、ラッキーです。あ~、これ義姉が嫌な奴ってのはかなり痛いパターンではありますね。姑より若いですしね~。
天真爛漫、無邪気に残酷なことをする、ね、まるで野生動物。人間の理性ってもんが欠如してるんざます。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C186] はじめまして!

Sanbenedettoさん、初めまして。
「イタリア、姑、疲れた」と検索してたどり着きました…(笑。だって、私もまったく同じような状況なんですもん。というか、Sanbenedettoさんのお姑さま、うちの姑ですか?というくらい似ている所ばかりです。「お金=偉くて威張れる」と思っているところもまったく同じ。
本当、「野生幼稚園児」という言葉、ぴったりですv-218
はぁe-403これからもお互い、「イタリア生活 + もれなく扱いにくい姑というおまけつき」がんばりましょうねe-337
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : watashimo
  • URL
  • 編集

[C187]

嫁姑問題は苦労が絶えませんねぇ。
Sanbenedettoさん、義母さんを“天真爛漫”って良い表現ですね。私は、シチリア人をズバリ、“無知”って書いちゃっています。ちょっと遠慮して“変人”って書くこともありますが。

サンタンジェロさんは味方になってくれるんですね~。いいなぁ~。うちは典型的なマンモーネなんで・・・。逆に、意見の違いで議論に発展すると、義母に言い付けに行くくらいでやっかいよ~、まったく~(ーー;) 母と息子を引き離すのが当面の課題ですね。

お互いタイヘンですけど、イタリアで生き延びましょうね~。
  • 2008-10-14
  • 投稿者 : ジャコミーナ
  • URL
  • 編集

[C188] watashimoさ~ん!

いらっしゃ~い!
はじめまして!
すっごい検索しちゃったんですね・・・それで、私のとこに漂流したんですか?ふふふ。それ、おっもしろ~い!!
でも、検索するってことは結構辛いってことなんでしょうね・・・。お察しします。イタリアの姑手強いですよね~、ま~、オブラートに包んでとかいう配慮も奴らはないですしね~。嫌なことがあったら、私のブログにきてサンベネデットも結構ひどい目にあってるなって思ってご自分をなぐさめてあげてくださいね!
また、きてくださいね~!!
  • 2008-10-15
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C189] ジャコミーナさ~ん!

いいっしょ、天真爛漫って。
馬鹿みたいに能天気でな~んも考えてないから明るいし、ま~のびのびと人を傷つけるようなことを笑顔で言ってきますからね~。幼稚園児と一緒ですから、そんなふうによんでみました。特に私の姑は少女のように、キャプキャピしてるので、その表現がピッタリです。もう、50も半ばのおばはんですけどね。

うちのもゾゾゾゾゾーと身の毛のよだつマンモーネでしたけど、キモイから止めろ~を寝てる耳元で毎日ささやいたら直りました。うっそだよ~ん。
切り離すの本当に大変でした・・・。戦争戦争また戦争。でもサンタンジェロの場合グレーゾーンってあんまりないので、ここ数年フェスタでもなければ、実家に帰っても挨拶のキスもしなくなりましたよ・・・。そこまでしろとは言ってないのだけれど。
時々、姑がかわいそくもなるけど、それが、イタリアの全ての元凶であると思っているので、心を鬼にして挨拶のチューをしないのは、見て見ぬふりをしています。

ほーい、お互いがんばりましょうね~!!
  • 2008-10-15
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C196] ありがとうございます(^_^)

Sanbenedettoさん、優しいお言葉ありがとうございます。
そうなんです、ちょっとここ数日、人間大砲でどっかーんと飛ばされてひゅーーーんって墜落した感じに落ち込んでいたので、ついつい「誰か似たような経験してる人、いないの!?」とヤケになり検索してしまいました…(恥 (´ω`)ゞナハハ
本当、悪い人じゃないんですけどね… でもたまに疲れちゃいますよねぇ~(・Θ・;)
Sanbenedettoさん、どうぞ心労で体調を崩したりすることのないよう気をつけてくださいね。
  • 2008-10-16
  • 投稿者 : watashimo
  • URL
  • 編集

[C198] watashimoさ~ん!

心労で体調くずすとか本当に洒落になりませんよね・・・。姑がどうにかなっても、外には笑いながら手榴弾をなげてくるような敵がいっぱいいますものね・・・。楽じゃありませんね、イタリアに住むって。
また、私の無益なブログをみて、コメントしてくださったら嬉しいです~!
  • 2008-10-16
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C215]

わたしね、自分のブログには姑の話題は一切書かないようにしているんですよね、ですけどね、今回は書くよ(爆)
うちの姑とサンベネちゃんとことの姑は多分親友になれるかもね~。「にっくきアジアの嫁」って悪口言い出したら止まらないかも。
あたしもさ、昔家族の記念日にパーティーがあったとき、記念写真に「本当の家族だけで撮りたいから、あんたは遠慮して」ってはずされたことあったよ(爆)
もちろんお口あ~んぐりですよ。夫は抗議したけど、馬鹿、あ、いや違う母親思いの娘が「マンマの記念日なんだからマンマの好きなようにさせてあげるのが愛情でしょ!」だって。
いやね、別にあたしも絶対に写真に入りたいわけでもなかったし、どうでもいいからさ(失敬?でも本音)全然気にもしなかったけど・・でも多分むこうはあたしがケロッとしているのも面白くないんだろうな~って思うよ。
あれだね、すべての姑じゃ勿論ないけど、南のマンマは独占欲が強すぎ、でそれを正直に出しすぎだよね。で、息子も夫もそういう彼女に慣れて諦めているのでもう誰も口答えしない、あれも悪循環。まぁさ、こんな嫌がらせして本人が幸せって感じるような人なんだよ、あたしだったらここまで人には嫌がらせできないので逆にすごいな~って思っちゃう。
  • 2008-10-18
  • 投稿者 : きっこ
  • URL
  • 編集

[C222] きっこさ~ん!

きっこさんとこも、まあ~天真爛漫に我を通すね~。それはね、子供だけがやっていいの!
それは、本当に腹たつね!イタリア人ってさ~、息子娘が結婚して家族が増えたっていう感覚はないみたいだよね。それで、わしが、子供でも産んだら、孫は家族だけど嫁は家族じゃねえ。って言う感じになるのかな。あのアホ(失敬)に家族とは結婚とかを説いてもなんにもならんから、それはそれで、いいのだけどさ~、しっかし、一緒に居るときにそういう風に排他的なことされると、どかーんとくるね。
子供がうまれたら、「あ、この子は半分日本人で、本当の家族じゃないので、写真は遠慮させていただきます」といってやりたいね、それは、自分のレベルをさげすぎか?でもさ~、きっこさんも言ってたけどさ、時にはガツーンといってやらないと、オバカたちが、つけあがるからね~。

MIKAさんのプラスチックフォーク事件も相当腹たったけど、きっこさんの写真事件もかなり腹たつ~。もし、私がそれ言われたら、サンタンジェロと「ちょっと、オメェここ座れ」から始まって大喧嘩だよ。

>息子も夫もそういう彼女に慣れて諦めているのでもう誰も口答えしない、あれも悪循環。

そうそう、悪循環!!夫が一番の馬鹿だよね。オメェは腑抜けかよ。シラーとか、ニヤーとかしてんじゃねえっつーの。あんなこと日本の嫁さんが言ったら、あとで、とんでもなく夫に叱られるよね。イタリア人の天真爛漫さには、辟易するよ・・・。
  • 2008-10-19
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sanbenedetto.blog44.fc2.com/tb.php/93-832dd606
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix


お得なポイント貯まる!ECナビ


▲これで航空マイレージも貯めれるよ。ワシはUAのマイルに交換した~。なんとか、有効期限延長に成功したぜっ!

Monthly Archives


▲サンベネデットはチマチマチマチマお小遣いかせぎはじめたよ。ダラダラがんばってみるだよ~。

Feeds


出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp

Extra

プロフィール

San Benedetto

Author:San Benedetto
San Benedettoがイタリアの現実をだーらだーらだーらだーら紹介します。ほんとつまんないですよ~、私のブログ。ほんと無益ですし。たまには有益なことも書けるといいのですが~。どうだろ?

お気に入りに追加!

お気に入りに追加♪

↑Firefox には対応してないようです・・・

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。