Entries

スポンサーサイト

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

-件のコメント

[C145]

こんばんは sanbenedettoさん
前回のお話も勿論読ませていただきましたが、今回のRさんって、前回の話題のベラルーシ人の方ですよね?
この方凄いですね・・・女の武器を最大に生かして男をいいように使ってるって感じで、私も一番苦手なタイプです。
そんなに男性も彼女にめろめろになっちゃうような美人なんですか?
日本にも勿論、どの世界にもこのようなしたたかな人っていますね。i-232
結婚のメリットってやっぱり自分のパートナーと一緒にいられる事だと思います。(ってか当たり前の事ですけど)
sanbenedettoさんご夫妻みたいに、お互いの時間を尊重しあって生活できるのとてもいい事だし重要だと思います。
一緒にず~っといると疲れちゃいますからね
ウチも家にいてもお互い好きな事してる時間多いです。
やっぱ適度にお互いの時間が必要ですよね。

[C146] emiさ~ん!

そうなんです、同じベラルーシ人です。すごいでしょ?この彼女・・・。それがね、全ッ然美人じゃないんですよ~。男って馬鹿なのか、期待させられちゃうとホイホイとゴキブリホイホイに入るように入っていくものなのですかね。
あのブサイクがあそこまでの技を磨くのはよっぽどのことがないかぎりムリだと思います。生きる術として、習得したのでしょう・・・。ベラルーシは貧しい国ですからそういう風にしたたかに生きるようになってしまうのでしょうかね・・・。

そうですよね~、一緒に居ることが嫌じゃあ、結婚なんてさっさと解消したほうがいいですよね。一緒にいるのが窮屈じゃあ、メリットとかそんなこと考える次元じゃないですもんね。

私今のこの状態になるのに本当に戦争でしたけど、ドンチャンやって、なんとか取得できました。むこうも石頭なんですけどね、頭カチ割って、「サンベネデットさんは自分の時間がひつようだそうでーす」と何度も言ってやってようやく理解できたみたいです。
ずっと一緒にいたらつかれますよね~。
今度トラックバックして、カーナビネタかかせていただきますね~!思い出させてくれてありがとさ~ん!
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C147] そうですね

結婚生活って互いに相手をどれだけ尊重できるか。ってことなんですよね。
束縛しているのは愛でもなんでもなくて、実際には、相手を自分の思い通りにしたいだけのワガママですから。
ただ、お互いにお互いが尊重を勝ち取るまでは時間がかかります。
私も既に結婚して15年が過ぎ、お互いの生活リズムがわかっているので問題ありませんが、やっぱり結婚して最初の2年ぐらいは喧嘩ばかりしていました。
結婚するメリットって具体的に数字なんかにできるものではないけれど、一つは親のありがたみがわかったという感じでしょうか。あとはまぁやっぱり一人でご飯を食べるより2人で食べるほうがおいしいとか・・・。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : がっちゃん
  • URL
  • 編集

[C148]

私、結婚したくなかったので、ちょっとだけ彼女の気持ちもわかります。結婚前は企業に勤めていて、日本基準のお給料だったので、イタリア(リラ)に換算すると、自動的にイタリア人の3倍くらいで、おまけにアパート借りてくれてたし、そんなこんなで高給取りになっていたんですね。で・・こうなるとミラノでのシングル生活。すごく快適でした・・。
が・・・色々あって、突き詰めてしまえば、あの時は、滞在許可書の為に結婚した。という感じで、動機は非常に不純な始まりだったのですが・・
今は、結婚してよかった。(勿論、良人と・・ですが・・)と思っています。本当に、今となるとあぁ・・よかった。という感じ。あの時結婚してなかったら、私一生結婚してないと思うし・・。
何が欲しいか?何がその人の幸せかによっても違ってきますが・・・。
世の中、一人で生きていくには、淋しい事も多いし、本当にお金じゃ買えないものってあるんですよね。誰も彼も年取るわけですから・・ベルラーシの彼女も、それに気がついてきれたらな・・と思いますね。じゃないと・・外国暮らしは、年を重ねれば重ねるほど、きつくなると思うな・・
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C149] がっちゃんさ~ん!

そうですよね~わがままですよね~。それが、普通だと思ってるようなイタオンナもいて、しかもそれが愛だとかって履き違えてたりするんでしょうね~。やっぱり諸悪の根源はYESマンマなのではと思います。全て自分の思い通りになる環境で育った人は、おもいやりに欠けますね。
ほんとだ~当たり前になりすぎててあんまり気がつかないけど、二人で食べるっていいですね!私たちたべるときは無言ですけどね~。わっはっは。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C150] ihokoさ~ん!

ihokoさんのおっしゃるとおり外国暮らしは若いうちは一人でもいいと思いますが、あれ年とったら大変ですよね~?地獄のように寂しいと思います。私は祖国が日本でよかったです。彼女はかわいそうに、祖国には一時帰省はしても一生住むということは考えていないようです。イタリアでこれだけ自由を味わい、物に溢れた生活をしてたら、ベラルーシにはかえれないでしょうね・・・。ihokoさんずいぶん思い切ったことなさったんですね~!ずいぶん葛藤されたんでしょうね!ihokoさんは美人キャリアウーマンだったのですね~。全く想像していませんでした~笑
キャリアを捨てて(捨ててなかったらすんません)の決断、優しいことじゃないってのはアッポのあたしにもわかります。ihokoさんのコメント、ホンワカあったかかったです!
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C151]

お話読んで、フィレンツェで知り合った日本人女性のこと思い出しました。

彼女、日本でもそこそこの経験があるパティシエで、イタリアで働きたいって希望していたんですね。で、フィレンツェの結構有名なお店で修行して、オーナーにも気に入ってもらえたんだけど、どうしても就労目的の滞在許可書への書き換えが上手く行かなくて困っていたんですよ。彼女に残された道は、本人曰く、イタリア人との結婚。でも、そんなにちょうどよく結婚してくれる男性って現れないですよね~。

こんな状況を知っていたんで、自分の結婚が決まったとき、すぐには言い出せなかったですね。最後には知らせたんですけど、私に対する態度が変わっちゃって残念でした(;_;) 滞在許可書のために抜け駆けして結婚を決めたみたいに思われちゃったのかと思って。それまではとても親切な人だったんですけどね。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ジャコミーナ
  • URL
  • 編集

[C152]

・・・ちょっと。あみだのサンべネちゃん。美人と言われるのは嬉しいですが、べネデットさんのブログを読まれる100万人の読者の誤解を招く表現はやはり訂正ししておこうと思います。
多分、これは前回の記事、もてた。という事から、導き出した言葉と思われますが、外国人というだけで・・もてる。のよ。東洋人。が今よりは珍しいリラの時代ですから・・
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C153] ジャコミーナさ~ん!

ジャコミーナさん子供ちゃんもうすぐね!
う~ん、悲しいですね~。特に彼女の彼氏を奪ったとかじゃないんですよねぇ。彼女の彼氏を強奪したならその態度もまだわかるとしても、フッツーに全く関係ないところで彼氏と知り合って、結婚が決まって何故、友達が怒るか全く理解できないっす~。いいなぁ~うらやましいなぁ~でも、幸せになってね!が友達の言葉ってもんだろうが~!!ちょっと、その友人に腹たっちゃいました。ジャコミーナさん、外国でその仕打ちはかなりきつかったでしょうね・・・。お察しします。日本でこんなことおきてもどうってことないことも外国でおきると、なんだかものすごく傷つきますね。
イタリア暮らしお互いがんばりましょうね~!
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C154] ihokoさ~ん!

図星でうけちゃいました!
前回の記事のコメントでもてたと聞いて、こりゃぁ相当の美人さんだihokoさんは~!と勝手に想像してました・・・。しかも最初のモテルをモデルと勘違いしておりました・・・。ihokoさんモデルなのか~、そっかー、それで、ブログもなんか洗練された空気なんだ~と、これまた勝手に想像してました。
へーそんな時代があったのですか~。外国人というだけでもてる。ほ~。いまじゃ、中国人と思われてお終いですよね~、特に私がすんでいる辺は中国人が一杯いるので、日本人と思われることは皆無です・・・。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C158]

そうそう、特にさイタリア人との結婚は日本人との結婚とは違うと思うなぁ。
ま、私は日本人と結婚したこともないのであくまでも見たままの感想だけど・・日本って夫婦どっちにもそれなりに自由があるよね~~。
仕事終わって飲みにいくなんて普通だし、奥様連中もランチにいったりねぇ。
ところが、イタリア人って基本的に「グループ行動」が好きじゃない?男女問わず。
だからカップル(夫婦)でいると「お前の予定は俺の予定」みたくなる。うちなんかまさにそれだもんね。
最初の頃は夫が勝手に(んまぁ、優しさからなんだろうけども)「自分が友達や同僚と出かけちゃうと彼女がひとりになっちゃう。それは可哀想」みたく思っちゃって、伝書鳩のようにちゃ~んと時間とおりに帰ってきてさ~、嬉しい反面息が詰まりそうでした。最近はそんなこともなくなったのですごく気楽。
結婚は長い付き合いだからお互いのペースを優先させて両方が満足できる道を作っていくのがほんと一番だよね。夫婦ってのは時間の積み重ねだなぁ~と最近本当に感じるよ。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : きっこ
  • URL
  • 編集

[C163] きっこさ~ん!

もうね~鳥肌立つほど境遇が一緒で笑えてくるね。イデンティコ。
最初の頃は奴がCircoloに行くのに毎回つきあわされてさ~、あたしゃ、家でネットしてるほうが楽しいのにさ~。どうも一人にすると可愛そうって本気で思うらしいのだよね。しまいにゃあ、Circoloに行っても、「ねぇ~早くかえろうよ~」と私が言い出すので、「オメーと一緒に行っても全然たのしめねーよ」と言われたことがあって、わたしゃあの時はドッカーンきましたよ。「なんだと、コノヤローもういっぺん言ってみろ~!!」
この人は、連れてってやってる気分だったようです。実際には、私がついてってやってるだったんだけどね~。
行きだぐね~という意思表示は毎回していたんだけど、そういうことはすっかり忘れてしまうように訓練されているようで、うらやましいよね~。
  • 2008-10-12
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sanbenedetto.blog44.fc2.com/tb.php/87-030f0d85
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

結婚しているメリット

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
イタリアの給料が低いってのは、以前お話させていただきました。イタリアではそのために夫婦共働きが普通です。
このRが結婚したのはいたって普通のイタリア人、給料は1000ユーロそこそこ。結婚しても働き続けなくてはならなかった。でも、それはそれで、彼女は良かったのだそうです。しかし、このイタリア人病的に嫉妬深かったのです。ちょっと家をあけただけで、「今どこにいる?」「今誰といる?」「何時にかえってくるんだ?」おちおち家を空けることもできなかったそうです。それは、それは息がつまりそうですね。私もそういう男は嫌です。でもイタリアでは結構そういう男がいるのも事実です。さらに、掃除洗濯料理後片付け、もろもろの家事をこなさなくてはいけない・・・。

彼女は計算しました。
結婚してても、結局、外に働きに出なくてはならない、プラス、自由は無い。ついでに、家事もこなさなくては、ならない・・・結婚しているメリットって何???

その考え方、はっきり申しまして、わからないでもないです。
一人で暮らせば、食べたい時に食べて、片付けたい時に片付ける、掃除したいときに掃除して、洗濯したいときに洗濯する。自由に友達に会うことができるし、何時に帰っても誰もなにも言わない。私にもとっても魅力的に見えます。私には結婚している女性なりの自由はあります。サンタンジェロの思いは重いのですけど、私の自由を全て剥奪するような真似はしませんし、させません!しかし、なんと魅力的な家事をしたい時にする自由・・・。

でもね、結婚するってそれぞれの役割を把握しあって自分の役割をきちっとこなすことも大切だと私個人は考えてるわけなのです。彼女の決断はそれはそれで、いいと思うんです。精神に苦痛を感じてまで結婚し続けることもないと思うのです。でも、結婚したからには、独身時代のような自由っていうのはなかなか難しいとおもうのです。特にイタリアでは・・・。彼女の場合、夫君も結婚したからって彼女が君のペットになったんじゃねえんだよと思います。ちょっとこういう輩はいけ好かないですね。

結婚するメリットって、残念ながらそんなに無いような気もするんですけど、誰かが一緒にいてくれるってちょっといいじゃないですか。私とサンタンジェロなんて、最初のころ、特に私のイタリア語が上達した頃から、知り合って2~3年まではそりゃあ毎日のように喧嘩してましたよ。でもここ数年あんまり喧嘩もしなくなりました。できるだけお互いのペースで生きていけるような環境を一緒に作ることができたと思います。まだ、模索してますけどね。かなり、いい具合にできてきてると思います。

たとえば今、サンタンジェロはテレビをききながら一生懸命水槽の金魚を見てます。
(・д・)ジィー
私はブログを書いてます。以前はも~、こっちにきて一緒にテレビをみろだぁの、こっちにきて一緒に金魚をみろだぁの、うるせーことこの上なかったのですが、私にもやることがあって、尊重すべきだとわかってくれたようです。すんなりとわかってくれなかったですよ、そりゃあもう戦争ですよ・・・。戦争は嫌いな平和主義者、戦争はもう疲れたという負傷者、相手と自分が岩をも砕く石頭の場合には、別離ということになるんでしょうかね。


Rは、金持ちとじゃなきゃ結婚しねぇ~という結論に今は至りました。結婚しているメリットがはっきりしないとダメという結論にいたったようです。でも、やっぱりアンタ金がらみなのね・・・。

なんだか、一理あるのと、悲しい現実とで、すごく考えさせられた彼女の計算でした。


それぞれ何に価値を見出すかわかりませんね、ほんっと人それぞれで世の中、よくそれなりにまとまってるもんだ。世の中ってすげー。
あくまで個人的見解です!それぞれに結婚観ってちがいますものね!
ブログランキングに参加しております!ついでといってはなんですが、以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけますと、幸いにございます!
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

12件のコメント

[C145]

こんばんは sanbenedettoさん
前回のお話も勿論読ませていただきましたが、今回のRさんって、前回の話題のベラルーシ人の方ですよね?
この方凄いですね・・・女の武器を最大に生かして男をいいように使ってるって感じで、私も一番苦手なタイプです。
そんなに男性も彼女にめろめろになっちゃうような美人なんですか?
日本にも勿論、どの世界にもこのようなしたたかな人っていますね。i-232
結婚のメリットってやっぱり自分のパートナーと一緒にいられる事だと思います。(ってか当たり前の事ですけど)
sanbenedettoさんご夫妻みたいに、お互いの時間を尊重しあって生活できるのとてもいい事だし重要だと思います。
一緒にず~っといると疲れちゃいますからね
ウチも家にいてもお互い好きな事してる時間多いです。
やっぱ適度にお互いの時間が必要ですよね。

[C146] emiさ~ん!

そうなんです、同じベラルーシ人です。すごいでしょ?この彼女・・・。それがね、全ッ然美人じゃないんですよ~。男って馬鹿なのか、期待させられちゃうとホイホイとゴキブリホイホイに入るように入っていくものなのですかね。
あのブサイクがあそこまでの技を磨くのはよっぽどのことがないかぎりムリだと思います。生きる術として、習得したのでしょう・・・。ベラルーシは貧しい国ですからそういう風にしたたかに生きるようになってしまうのでしょうかね・・・。

そうですよね~、一緒に居ることが嫌じゃあ、結婚なんてさっさと解消したほうがいいですよね。一緒にいるのが窮屈じゃあ、メリットとかそんなこと考える次元じゃないですもんね。

私今のこの状態になるのに本当に戦争でしたけど、ドンチャンやって、なんとか取得できました。むこうも石頭なんですけどね、頭カチ割って、「サンベネデットさんは自分の時間がひつようだそうでーす」と何度も言ってやってようやく理解できたみたいです。
ずっと一緒にいたらつかれますよね~。
今度トラックバックして、カーナビネタかかせていただきますね~!思い出させてくれてありがとさ~ん!
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C147] そうですね

結婚生活って互いに相手をどれだけ尊重できるか。ってことなんですよね。
束縛しているのは愛でもなんでもなくて、実際には、相手を自分の思い通りにしたいだけのワガママですから。
ただ、お互いにお互いが尊重を勝ち取るまでは時間がかかります。
私も既に結婚して15年が過ぎ、お互いの生活リズムがわかっているので問題ありませんが、やっぱり結婚して最初の2年ぐらいは喧嘩ばかりしていました。
結婚するメリットって具体的に数字なんかにできるものではないけれど、一つは親のありがたみがわかったという感じでしょうか。あとはまぁやっぱり一人でご飯を食べるより2人で食べるほうがおいしいとか・・・。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : がっちゃん
  • URL
  • 編集

[C148]

私、結婚したくなかったので、ちょっとだけ彼女の気持ちもわかります。結婚前は企業に勤めていて、日本基準のお給料だったので、イタリア(リラ)に換算すると、自動的にイタリア人の3倍くらいで、おまけにアパート借りてくれてたし、そんなこんなで高給取りになっていたんですね。で・・こうなるとミラノでのシングル生活。すごく快適でした・・。
が・・・色々あって、突き詰めてしまえば、あの時は、滞在許可書の為に結婚した。という感じで、動機は非常に不純な始まりだったのですが・・
今は、結婚してよかった。(勿論、良人と・・ですが・・)と思っています。本当に、今となるとあぁ・・よかった。という感じ。あの時結婚してなかったら、私一生結婚してないと思うし・・。
何が欲しいか?何がその人の幸せかによっても違ってきますが・・・。
世の中、一人で生きていくには、淋しい事も多いし、本当にお金じゃ買えないものってあるんですよね。誰も彼も年取るわけですから・・ベルラーシの彼女も、それに気がついてきれたらな・・と思いますね。じゃないと・・外国暮らしは、年を重ねれば重ねるほど、きつくなると思うな・・
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C149] がっちゃんさ~ん!

そうですよね~わがままですよね~。それが、普通だと思ってるようなイタオンナもいて、しかもそれが愛だとかって履き違えてたりするんでしょうね~。やっぱり諸悪の根源はYESマンマなのではと思います。全て自分の思い通りになる環境で育った人は、おもいやりに欠けますね。
ほんとだ~当たり前になりすぎててあんまり気がつかないけど、二人で食べるっていいですね!私たちたべるときは無言ですけどね~。わっはっは。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C150] ihokoさ~ん!

ihokoさんのおっしゃるとおり外国暮らしは若いうちは一人でもいいと思いますが、あれ年とったら大変ですよね~?地獄のように寂しいと思います。私は祖国が日本でよかったです。彼女はかわいそうに、祖国には一時帰省はしても一生住むということは考えていないようです。イタリアでこれだけ自由を味わい、物に溢れた生活をしてたら、ベラルーシにはかえれないでしょうね・・・。ihokoさんずいぶん思い切ったことなさったんですね~!ずいぶん葛藤されたんでしょうね!ihokoさんは美人キャリアウーマンだったのですね~。全く想像していませんでした~笑
キャリアを捨てて(捨ててなかったらすんません)の決断、優しいことじゃないってのはアッポのあたしにもわかります。ihokoさんのコメント、ホンワカあったかかったです!
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C151]

お話読んで、フィレンツェで知り合った日本人女性のこと思い出しました。

彼女、日本でもそこそこの経験があるパティシエで、イタリアで働きたいって希望していたんですね。で、フィレンツェの結構有名なお店で修行して、オーナーにも気に入ってもらえたんだけど、どうしても就労目的の滞在許可書への書き換えが上手く行かなくて困っていたんですよ。彼女に残された道は、本人曰く、イタリア人との結婚。でも、そんなにちょうどよく結婚してくれる男性って現れないですよね~。

こんな状況を知っていたんで、自分の結婚が決まったとき、すぐには言い出せなかったですね。最後には知らせたんですけど、私に対する態度が変わっちゃって残念でした(;_;) 滞在許可書のために抜け駆けして結婚を決めたみたいに思われちゃったのかと思って。それまではとても親切な人だったんですけどね。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ジャコミーナ
  • URL
  • 編集

[C152]

・・・ちょっと。あみだのサンべネちゃん。美人と言われるのは嬉しいですが、べネデットさんのブログを読まれる100万人の読者の誤解を招く表現はやはり訂正ししておこうと思います。
多分、これは前回の記事、もてた。という事から、導き出した言葉と思われますが、外国人というだけで・・もてる。のよ。東洋人。が今よりは珍しいリラの時代ですから・・
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C153] ジャコミーナさ~ん!

ジャコミーナさん子供ちゃんもうすぐね!
う~ん、悲しいですね~。特に彼女の彼氏を奪ったとかじゃないんですよねぇ。彼女の彼氏を強奪したならその態度もまだわかるとしても、フッツーに全く関係ないところで彼氏と知り合って、結婚が決まって何故、友達が怒るか全く理解できないっす~。いいなぁ~うらやましいなぁ~でも、幸せになってね!が友達の言葉ってもんだろうが~!!ちょっと、その友人に腹たっちゃいました。ジャコミーナさん、外国でその仕打ちはかなりきつかったでしょうね・・・。お察しします。日本でこんなことおきてもどうってことないことも外国でおきると、なんだかものすごく傷つきますね。
イタリア暮らしお互いがんばりましょうね~!
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C154] ihokoさ~ん!

図星でうけちゃいました!
前回の記事のコメントでもてたと聞いて、こりゃぁ相当の美人さんだihokoさんは~!と勝手に想像してました・・・。しかも最初のモテルをモデルと勘違いしておりました・・・。ihokoさんモデルなのか~、そっかー、それで、ブログもなんか洗練された空気なんだ~と、これまた勝手に想像してました。
へーそんな時代があったのですか~。外国人というだけでもてる。ほ~。いまじゃ、中国人と思われてお終いですよね~、特に私がすんでいる辺は中国人が一杯いるので、日本人と思われることは皆無です・・・。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C158]

そうそう、特にさイタリア人との結婚は日本人との結婚とは違うと思うなぁ。
ま、私は日本人と結婚したこともないのであくまでも見たままの感想だけど・・日本って夫婦どっちにもそれなりに自由があるよね~~。
仕事終わって飲みにいくなんて普通だし、奥様連中もランチにいったりねぇ。
ところが、イタリア人って基本的に「グループ行動」が好きじゃない?男女問わず。
だからカップル(夫婦)でいると「お前の予定は俺の予定」みたくなる。うちなんかまさにそれだもんね。
最初の頃は夫が勝手に(んまぁ、優しさからなんだろうけども)「自分が友達や同僚と出かけちゃうと彼女がひとりになっちゃう。それは可哀想」みたく思っちゃって、伝書鳩のようにちゃ~んと時間とおりに帰ってきてさ~、嬉しい反面息が詰まりそうでした。最近はそんなこともなくなったのですごく気楽。
結婚は長い付き合いだからお互いのペースを優先させて両方が満足できる道を作っていくのがほんと一番だよね。夫婦ってのは時間の積み重ねだなぁ~と最近本当に感じるよ。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : きっこ
  • URL
  • 編集

[C163] きっこさ~ん!

もうね~鳥肌立つほど境遇が一緒で笑えてくるね。イデンティコ。
最初の頃は奴がCircoloに行くのに毎回つきあわされてさ~、あたしゃ、家でネットしてるほうが楽しいのにさ~。どうも一人にすると可愛そうって本気で思うらしいのだよね。しまいにゃあ、Circoloに行っても、「ねぇ~早くかえろうよ~」と私が言い出すので、「オメーと一緒に行っても全然たのしめねーよ」と言われたことがあって、わたしゃあの時はドッカーンきましたよ。「なんだと、コノヤローもういっぺん言ってみろ~!!」
この人は、連れてってやってる気分だったようです。実際には、私がついてってやってるだったんだけどね~。
行きだぐね~という意思表示は毎回していたんだけど、そういうことはすっかり忘れてしまうように訓練されているようで、うらやましいよね~。
  • 2008-10-12
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sanbenedetto.blog44.fc2.com/tb.php/87-030f0d85
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix


お得なポイント貯まる!ECナビ


▲これで航空マイレージも貯めれるよ。ワシはUAのマイルに交換した~。なんとか、有効期限延長に成功したぜっ!

Monthly Archives


▲サンベネデットはチマチマチマチマお小遣いかせぎはじめたよ。ダラダラがんばってみるだよ~。

Feeds


出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp

Extra

プロフィール

San Benedetto

Author:San Benedetto
San Benedettoがイタリアの現実をだーらだーらだーらだーら紹介します。ほんとつまんないですよ~、私のブログ。ほんと無益ですし。たまには有益なことも書けるといいのですが~。どうだろ?

お気に入りに追加!

お気に入りに追加♪

↑Firefox には対応してないようです・・・

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。