Entries

スポンサーサイト

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

-件のコメント

[C413]

少しは良くなった?無理しないでご自愛くださいね。
あはは・・・私見かけによらず(自転車にも乗れないと思われてます)が、体育5で、短距離で県大会とかに出た事もございましたが、バレーボールとかバスケット部の皆さんとは、合わないのよねぇ・・合わない。私も個人がすきなのよ。団体戦は絶対駄目。個人競技が好きだったわ。そういう意味ではイタリアの方があってるかも・・?と思うけど、イタリアはイタリアでニコニコ笑いどんま~~い。と言いながら陰で悪口いいそうだし、何か良い事があれば、全部自分のおかげよ!と手柄だけ自分のものにする奴が多そうで、やっぱりどこの国でも団体戦には参加したくないです。
PS:美術芸術系の人間に団体戦は無理だよねぇ・・どう考えても無理。私達の側だけじゃなく、お互いの為にならない気がする。
  • 2008-11-28
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C414] カゼの具合はいかがですか~

こんにちは。寝ているのに飽きてきた、カゼ引き中のえりえりです(笑
こちらのカゼも今年は悪質です。

私、学生時代は全て運動部所属でした。個人・団体含めてつらーい練習に励んだもんです。懐かしいなぁ。
でも・・体育祭とか球技大会とかで、マジになることは無かったですね。
皆でわきあいあい♪ な楽しい思い出しかないです。 チームメートに恵まれなかったのですね、サンベネデットさん・・・。

なんでもそうですが、人に教えるのは難しいけれど、当たるのは簡単。教えるだけの技量の無い人が当たるんですよ~。
当たられる方はいー迷惑ですが・・。

絵の描けない人に「あんた下手ねっ」って言って、その人いきなり上達しますか? しないよねぇ。 スポーツも同じ。
そこいらへんのわからない人って、要するに想像力が欠如しているんだと思います・・。 


イタリアって、不思議な国ですよね。個人競技も強いし、ちゃんと団体競技も強い。
小さい頃から、とりあえず「上手だねぇ、すごいねぇ」と褒めて育てる、あの環境がいいのかしらん。 褒められれば、たとえ下手でも嬉しいし、競技を続けますよね。そうすれば、誰でも上達する。小さい芽を摘むことなく大きく伸ばしているように思います。
日本は・・逆ですね (笑
最初にヘコム環境が整いすぎです。なんとかならないでしょうか。
  • 2008-11-28
  • 投稿者 : えりえり 
  • URL
  • 編集

[C416] ihokoさ~ん!

今、鼻水がでるだけになりやっと普通に生活できるようになりました~。

ihokoさん個人競技が得意だったのですね!私も親に無理やりやらされて、剣道を10年ほどやっていました。剣道の場合、団体戦でも個人の勝敗が団体の勝敗に関わるだけで、チームメイトと同じコートに順番に立つけれど、同時にはコートにたたないってのはとても私にとっては好都合でした。

私は昼休みに友達と楽しみながらするバレーボールや、バスケは好きですが、あのバレーボール部の人が本領を発揮してやろうと意気込んで腕まくりしている球技大会が本当に苦手でした。楽しくやろうぜ~。といつも思っていました~。

イタリアで団体競技いかにも大変そうですよね・・・。それなのに強いってのはどういうことなんだろうか・・・。いろんな意味で切磋琢磨するからいいのかな。

イタリア人と働いていると思いますけど、この人達は本当にチームワークとかないんだな~とおもいますよね。自分の利益しか考えてないし・・・。

人に罪をなすりつけたりする輩がいなければ、バレーボールも楽しいと思うのですけど、どういう風に教育されてきたのか、往々にしてグループに一人は罪をなすりつける輩がいるもんです。

イタリアの場合は国民の80%が罪は自分とは無関係ですしね・・・。生きるって楽じゃないです。ihokoさんいいなあご隠居生活。うらやましい~。
  • 2008-11-29
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C417]

風邪はようやく鼻水だけになりました~!えりえりさん出発も近くなってきたのに、風邪で大変ですね!お布団へGO。

えりえりさんみたいな人ばっかりだと、運動が苦手な人も体育を楽しめると思います!体育苦手人間代表として断言します!

私の学校は球技大会とか異常に力を入れる学校だったので、雰囲気からして、和気藹々にできるようなもんじゃなかったんです・・・。そうなると、真面目な生徒ほど、一生懸命取り組んでしまって、体育が苦手な生徒にイライラするということがおこるらしいのです。

美術の場合は過程も成果も個人のものですが、チームで競技となると、過程も成果もチームのもので勝敗に大きくかかわります。そこで、「もっとちゃんとやってよね~」と言われてしまうと、スポーツが苦手な人はとっても凹むのです。私達はちゃんとやっているつもりではいるのですけど、彼女の目にはそういう風には映らないのでしょう・・・。そういうことの積み重ねで体育嫌いは、死ぬほど体育が嫌いという風になってしまうのだとおもいます、少なくとも私の場合は残念ながらそうでした。学校の雰囲気が大きく影響していると思います。

その「ちゃんとやってよねー」の彼女は素人相手に腕がへし折れるような玉を打っていました。そんな玉を打てる彼女ですから、ちゃんとトスを上げれない子に腹が立つのでしょうね。解るのですけど、共有はできないのです。

私はそういうことがあっても、体育が苦手なのは自分達ですから、チームメイトに恵まれないなーと思ったことはなかったのですけど、その彼女は可愛そうに、間違いなくチームメイトに恵まれないと思っていたことでしょう。彼女も学校の雰囲気の被害者の一人といいましょうか。

体育が苦手な子もいれば、美術が苦手な子もいる、千差万別の中学校の生徒達が授業の一環としてする球技大会はチームメイトの資質がそれぞれに違うのはしょうがないのですけど、若かった彼女はまだわからなかったのでしょう。

残念ながら、他の授業でその彼女が苦手な科目があったとして、もちろん自分が皆よりおとっているとこを認識できたり、個人のあせりとはなっても、団体への責任の重みを伴ってくることはないでしょうし、他人が彼女の実力が他と比べてどのくらい劣っているかという事実を的確にしる術もあまりないのですよね・・・。

体育の場合これが、顕著に見えてしまうのですね~、残念ながら。体育が苦手なものには酷ですね。

いや~ほんと、体育は得意であるのにこしたことはありません。

えりえりさんがチームリーダーだったら、私の体育人生も少しは良かったと思うのですけどね~!わきあいあいバレーボールまたしたいなぁ~。ウッキャウッキャ笑いながらね!

うちのサンタンジェロも体育は苦手なのですけど、私のような拒絶反応はないようです。イタリアの学校の雰囲気ってどんななんだろうなぁ。子供ができたら見てみたいと思います。えりえりさんのほうが子供は先にうまれそうかな?私はまだまだですわーい。
  • 2008-11-29
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C422]

あはは、いたいたこういう熱血な女子。
球技大会ってほんとスポーツ苦手な人には悪夢な行事だろうね。あたしは得意ではないけど、バレーボールは好きだったのでいつもバレーに参加してたな~。でもこういうときにバレー部とか部員がものすごい勢いで仕切ったりするのよね(爆)ありがたくはあるけど、ミスとかすると目がまじ怒ってんし。。なつかし~
  • 2008-11-29
  • 投稿者 : きっこ
  • URL
  • 編集

[C425]

久しぶり~。風邪ひいちゃっているようだね。

私は、こうみえて運動神経は悪くないので、体育において格段の苦労をしたことはないのだが。

バレーボール。ダブルスのバトミントンや卓球は苦手。
そんで、バスケは平気。
バスケは、率先して球を取るし「ハイ!あんたへ!」ってな感じでパスくれたり、渡したり出来るじゃん。
球もったら、私の責任でゴールへ放り投げればいいんだから。気楽だよね。

私が苦手なのは、飛んできた球に対しての。
「この球は、あなたに任せる」いや「この球は、わたしが…」っていうの。
人との間合い、つまり過剰な迄の気遣い。
運動して良い汗じゃなくて、心底、神経が疲れるんだよね。

まあ、それを解消する為に、かけ声や、目配せなど。
チームとして心を一つにする手だてがあり。
それをやっておくと。勝ったときの喜びの共有なんて高揚へ繋がり、抱き合うなんてボティータッチもあろうかと思うけどね。

日頃、教室の片隅で、下手に目立つこともなく絵を描いて過ごしているような私には、それが出来ないってだけなんだよね。

やる気になれば出来るけど。突然やると、クラスメイトが引くんだよね。

思い返せば、、皆が引いた、そんな時ありました。

中学生の頃の私は持久走も早く、成績もいいんです。
そんで、ともに好成績を獲得したあの中学2年の冬。

クラスが探し始めちゃったんです。
「だれだよ、今回のテスト●番は?? 持久走女子●番は??」って。

そ~したら、それ私です。
発見されたときのクラスのどよめき。と、その後の慣れぬ対処への困惑。

人にはイメージってもんがあります。
イメージ通りの人が●番であれば「やっぱ、アイツはすごいな~」と納得なんです。

私は、ちゃんと自分のイメージ知っていたんです。
決して、バレーボールじゃ、しゃかりきになってはいけないって。

それで、進んだ高校は美術科のある学校。
そこでのバレーボール、バトミントンは楽しかった。
気も楽だったよ。

やっぱり、チームメイトに恵まれるかだね。

イタリア人は個性的なのね。
私は、名古屋の人も個性豊かだと思うよ。
  • 2008-12-03
  • 投稿者 : めぼそ
  • URL
  • 編集

[C426] きっこ殿~!

おお~きっこ殿~元気~?
わたしゃまた風邪ひいちゃってさ~。今年の風邪はなんだか強烈だよ・・・。

いたでしょ、こういう人。
私は、体育が大変に苦手だから大変だっただよ。チームワークもそんなに苦手じゃないはずなんだけど、苦手なもので、チームワークっていわれてもね~。チームワークってそれなりのレベルがそろって初めて成立するもんだと思うわけよ~。
あのリーダーシップもね、いいんだけどさ~、レベルの違いを踏まえたうえでのリーダーシップを発揮して欲しいものですよ・・・。イタリアのチームはどうやって統率してるんだろうね。個性がつよすぎだからね、この国・・・。コーチとかも大変なんだろうなぁ。考えれば考えるほど不思議な国だよね。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C427] めぼそさ~ん!

おっす、ひさしぶり~。
えー!めぼそさん体育得意なの?それは、それは意外だよ~。そういえば、体育の授業とか一緒だったことなかったね。それともあった?まあ、大学の体育の授業はたいしたことしなかったしね。実力発揮するとかそんな状況じゃなかったわね。ゴルフうちっぱなしとかやったっけね。

大学の体育の授業は面倒くさいだけで、結構和気藹々で楽しかったよね。しゃかりきな奴が一人もいなかったのも良かったよね。

めぼそさんも苦労したね。いかにも体育得意ですって風貌じゃあないもんね。むしろ、体育とは相性悪いですってかんじだもんね。わたしなんか結構体育できそうな見た目なんだけど、体育は大嫌いだよ。「ええ!あいつが!」みたいな反応もきついね~。謝罪したくなるよね。「すいません、1位になってしまって・・・」

チームメイトっていってもさ、方や、やる気満々バレー部、方や体育大嫌いの私じゃあさ~つりあいとれんよ。チーム内の身体能力と温度差が激しいもん。やっぱそれなりに身体能力と温度差がなくてこそチームなんだと思うんだよね。中学の球技大会はあれは、お互いの肝臓に悪いと思うわね。大学レベルになってさ、お遊びで球技大会とかだったらね、たのしいんだけどね。ほら、あの1年のとき1回だけなぜか運動会したでしょう?あれ、私はジャージであそこにいただけだけど、たのしかったよー。気持ちだけは全面的に参加してたよ。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C434]

大学の体育および運動会は楽しかったね。
だってみんなヨレヨレだったもんね。

山に向かってアーチェリー。まさに狩人だったよね。

そんで、私は運動とは無縁な外見だからね。
社会人になって…そう27歳くらいの時かな~。
急いで走っていたところを会社の人に目撃され「●●が走ってたぞ!!」と皆の噂に。

そりゃあ走るよ…足が二本あるんだし。

ちなみに私は高校生のコロ、プールの監視員バイトもしており、当時は、かるく500mは泳げたと思うよ。

人は見かけによらないけど、イメージを保たないとならない時があるんだよね。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : めぼそ
  • URL
  • 編集

[C438] めぼそさ~ん!

うはははは!そういえばやったね、山にむかってアーチェリー!!

みんな、単位のために仕方なく、しかしどことなく楽しんでもいた体育の授業だったね。なにがいいって、先生たちも、ワシラ生徒達から多くをのぞんでないってのがよかったよね。

プールの監視員のバイト?めぼそさんが?ありえないって。イメージとしては、10メートルくらいで沈んでいきそうじゃないかい。

あいつが走ってた!
私もびっくりするね、めぼそさんが走ってたら。そういえば、めぼそさんが走ってるとこみたことないね。

ルッOがぴちぴちのジーパンはいてきたときくらいの衝撃はあるわね。

イメージを保つ努力をすると、めぼそさんの場合、自分の実際の実力を下げることになるわけだ。私の場合、体育ができそうな雰囲気だったので、がっかりされることのほうがおおかったね。びっくりされるのも、がっかりされるのも、どっちも同じくらい酷なもんだね~。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sanbenedetto.blog44.fc2.com/tb.php/146-b41d3ab5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

汗っくさいのは苦手だよ・・・

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
まぁ~今年の風邪は手強いですね~。まだ、咳がでます・・・。く、苦しい~。

前回、汗っくさいことが嫌いだと書きまして、思い出しました。
日本ってのは、OO大会が大好きです。
私が通っていた中学校では、行事にものすごく力をいれる学校で、わたしぁもう~苦手で苦手で。とにかく、私の場合、好きな科目は美術と英語だけです。体育なんかできれば、見学していたいものでした。

球技大会は運動会より辛いものがあります。
運動会は、団体競技でなければ運動の得意な人が主に種目に参加していればいいですけど、球技大会ですとそうは問屋がおろしません・・・。体育が得意な人間も苦手な人間も同じコートで戦わなくてはなりません。悲劇はたとえば、バレーボール部の人間が同じチームにいた場合におこります。

彼女らが所属しているバレーボール部ではもちろん、バレーボールを毎日練習してますから、みんなそれなりの動きができるわけですね。しかし、わたしら普通の人間は訓練されてる人間にくらべれば、ただの役たたずなわけです。

たとえば、うしろを守っている「役立たず」のふたりの丁度あいだあたりにボールが飛んできます、そうすっと、うしろのふたりは遠慮しあって、まごまごしている間にボールはむなしくもストーンと二人の間に落ちるわけです。二人は顔をみあってうへへへへ~、笑顔で、「どんまーい」。
(´∀`∩)

前方でサーブをあげるべく配置された同じく「役立たずしかしそこそこできる」も大変です。うまい具合に後ろの人間がレシープしました。前でうまいこトスして、アタックさせなくてはいけませんが、私ら訓練されていない人間がアタックできるようにうまいことボールをあげるっていうのは並大抵のもんじゃありません。というわけで、上手にトスしようとしたボールは、ガッツとは裏腹に間違って相手コートにレシーブしやすい玉として飛んでいってしまいます。「どんまーい」。

ところが、そこには全然「どんまーい」と思っていない人間がひとり。アタックするタイミングを今か今かと待ち構えているバレーボール部の人間・・・。怒りでなのか、もどかしさなのか、顔を真っ赤にして

「みんな、ちゃんとやってよねー!!」
ヽ(`Д´)ノ

「・・・。」
デタ━━━゚(∀)゚━━━!!
ついにでました、「ちゃんとやってよね~」。
(;´д`)トホホ…

誰ひとりとしていい加減にやってやれなんて思っている人はいないですが、いかんせん訓練されていない私達は、なかなかスライディングしてまでボールを拾うとか、後ろ向きでうまいことボールをレシーブして、さらには自分のコートないに収めるなんていう玉はなかなか打てないものです。みんなちゃんとやっているのですけど、技量の差は歴然としており、バレーボール部で毎日バレーボールを特訓されている人間にはそれはそれは納得いかないものでしょう。

一番困るのは、球技大会当日。私達はボールに食いつくも敗北。「どんまーい」「どんまーい」。笑顔で、お互いの肩を叩き労いあいます。そこに、悔しさでオ~イオイ泣いているもの一人。
(;・∀・)ハッ?
例のバレーボール部員です。怒りもあらわに私たち「役立たず」を罵っています。私なんかは、これで完全に白けてしまいます。「私達がんばったね」でいいじゃーん。死ぬか、生きるかの真剣勝負かよ。

真剣白刃取り大会じゃなくて良かったよ。こっちは頭から血ながしてんのに、白刃取りがうまくできなかったといって責められそうだよ。

私は体育が苦手なためにこういう人間をかなり目にしました。そのため私の体育嫌いはいい方向へ持っていかれることはけっして無かったのです。ひとりでイーゼルにむかっているほうが、私には向いています。

森田健作を生理的に受け付けられないのは、まさにあのバレーボール部員と同じ匂いがするからなのでしょうか。ユニフォーム(画一性)が大好きな日本ですが、身体能力まで画一的というわけにはいきません。

その点イタリアは、どうやって収集したらいいのだろうってくらいみなさん個性が強いのですね。日本とイタリア、白と黒。グレイゾーンの国ってどっかにあるのでしょうか?


大人になると、そういう熱血はあまりみなくなるのですよね。森田健作はどうやってあの熱血ぶりを維持しているのだろうか。森田健作の青春がいつまでも続きますように。
読んじゃったついでに、ランキングクリックよろしくおねがいしまーす!
今日もサンベネデットの独り言にお付き合いいただきありがとうございまーす!
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

10件のコメント

[C413]

少しは良くなった?無理しないでご自愛くださいね。
あはは・・・私見かけによらず(自転車にも乗れないと思われてます)が、体育5で、短距離で県大会とかに出た事もございましたが、バレーボールとかバスケット部の皆さんとは、合わないのよねぇ・・合わない。私も個人がすきなのよ。団体戦は絶対駄目。個人競技が好きだったわ。そういう意味ではイタリアの方があってるかも・・?と思うけど、イタリアはイタリアでニコニコ笑いどんま~~い。と言いながら陰で悪口いいそうだし、何か良い事があれば、全部自分のおかげよ!と手柄だけ自分のものにする奴が多そうで、やっぱりどこの国でも団体戦には参加したくないです。
PS:美術芸術系の人間に団体戦は無理だよねぇ・・どう考えても無理。私達の側だけじゃなく、お互いの為にならない気がする。
  • 2008-11-28
  • 投稿者 : ihoko
  • URL
  • 編集

[C414] カゼの具合はいかがですか~

こんにちは。寝ているのに飽きてきた、カゼ引き中のえりえりです(笑
こちらのカゼも今年は悪質です。

私、学生時代は全て運動部所属でした。個人・団体含めてつらーい練習に励んだもんです。懐かしいなぁ。
でも・・体育祭とか球技大会とかで、マジになることは無かったですね。
皆でわきあいあい♪ な楽しい思い出しかないです。 チームメートに恵まれなかったのですね、サンベネデットさん・・・。

なんでもそうですが、人に教えるのは難しいけれど、当たるのは簡単。教えるだけの技量の無い人が当たるんですよ~。
当たられる方はいー迷惑ですが・・。

絵の描けない人に「あんた下手ねっ」って言って、その人いきなり上達しますか? しないよねぇ。 スポーツも同じ。
そこいらへんのわからない人って、要するに想像力が欠如しているんだと思います・・。 


イタリアって、不思議な国ですよね。個人競技も強いし、ちゃんと団体競技も強い。
小さい頃から、とりあえず「上手だねぇ、すごいねぇ」と褒めて育てる、あの環境がいいのかしらん。 褒められれば、たとえ下手でも嬉しいし、競技を続けますよね。そうすれば、誰でも上達する。小さい芽を摘むことなく大きく伸ばしているように思います。
日本は・・逆ですね (笑
最初にヘコム環境が整いすぎです。なんとかならないでしょうか。
  • 2008-11-28
  • 投稿者 : えりえり 
  • URL
  • 編集

[C416] ihokoさ~ん!

今、鼻水がでるだけになりやっと普通に生活できるようになりました~。

ihokoさん個人競技が得意だったのですね!私も親に無理やりやらされて、剣道を10年ほどやっていました。剣道の場合、団体戦でも個人の勝敗が団体の勝敗に関わるだけで、チームメイトと同じコートに順番に立つけれど、同時にはコートにたたないってのはとても私にとっては好都合でした。

私は昼休みに友達と楽しみながらするバレーボールや、バスケは好きですが、あのバレーボール部の人が本領を発揮してやろうと意気込んで腕まくりしている球技大会が本当に苦手でした。楽しくやろうぜ~。といつも思っていました~。

イタリアで団体競技いかにも大変そうですよね・・・。それなのに強いってのはどういうことなんだろうか・・・。いろんな意味で切磋琢磨するからいいのかな。

イタリア人と働いていると思いますけど、この人達は本当にチームワークとかないんだな~とおもいますよね。自分の利益しか考えてないし・・・。

人に罪をなすりつけたりする輩がいなければ、バレーボールも楽しいと思うのですけど、どういう風に教育されてきたのか、往々にしてグループに一人は罪をなすりつける輩がいるもんです。

イタリアの場合は国民の80%が罪は自分とは無関係ですしね・・・。生きるって楽じゃないです。ihokoさんいいなあご隠居生活。うらやましい~。
  • 2008-11-29
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C417]

風邪はようやく鼻水だけになりました~!えりえりさん出発も近くなってきたのに、風邪で大変ですね!お布団へGO。

えりえりさんみたいな人ばっかりだと、運動が苦手な人も体育を楽しめると思います!体育苦手人間代表として断言します!

私の学校は球技大会とか異常に力を入れる学校だったので、雰囲気からして、和気藹々にできるようなもんじゃなかったんです・・・。そうなると、真面目な生徒ほど、一生懸命取り組んでしまって、体育が苦手な生徒にイライラするということがおこるらしいのです。

美術の場合は過程も成果も個人のものですが、チームで競技となると、過程も成果もチームのもので勝敗に大きくかかわります。そこで、「もっとちゃんとやってよね~」と言われてしまうと、スポーツが苦手な人はとっても凹むのです。私達はちゃんとやっているつもりではいるのですけど、彼女の目にはそういう風には映らないのでしょう・・・。そういうことの積み重ねで体育嫌いは、死ぬほど体育が嫌いという風になってしまうのだとおもいます、少なくとも私の場合は残念ながらそうでした。学校の雰囲気が大きく影響していると思います。

その「ちゃんとやってよねー」の彼女は素人相手に腕がへし折れるような玉を打っていました。そんな玉を打てる彼女ですから、ちゃんとトスを上げれない子に腹が立つのでしょうね。解るのですけど、共有はできないのです。

私はそういうことがあっても、体育が苦手なのは自分達ですから、チームメイトに恵まれないなーと思ったことはなかったのですけど、その彼女は可愛そうに、間違いなくチームメイトに恵まれないと思っていたことでしょう。彼女も学校の雰囲気の被害者の一人といいましょうか。

体育が苦手な子もいれば、美術が苦手な子もいる、千差万別の中学校の生徒達が授業の一環としてする球技大会はチームメイトの資質がそれぞれに違うのはしょうがないのですけど、若かった彼女はまだわからなかったのでしょう。

残念ながら、他の授業でその彼女が苦手な科目があったとして、もちろん自分が皆よりおとっているとこを認識できたり、個人のあせりとはなっても、団体への責任の重みを伴ってくることはないでしょうし、他人が彼女の実力が他と比べてどのくらい劣っているかという事実を的確にしる術もあまりないのですよね・・・。

体育の場合これが、顕著に見えてしまうのですね~、残念ながら。体育が苦手なものには酷ですね。

いや~ほんと、体育は得意であるのにこしたことはありません。

えりえりさんがチームリーダーだったら、私の体育人生も少しは良かったと思うのですけどね~!わきあいあいバレーボールまたしたいなぁ~。ウッキャウッキャ笑いながらね!

うちのサンタンジェロも体育は苦手なのですけど、私のような拒絶反応はないようです。イタリアの学校の雰囲気ってどんななんだろうなぁ。子供ができたら見てみたいと思います。えりえりさんのほうが子供は先にうまれそうかな?私はまだまだですわーい。
  • 2008-11-29
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C422]

あはは、いたいたこういう熱血な女子。
球技大会ってほんとスポーツ苦手な人には悪夢な行事だろうね。あたしは得意ではないけど、バレーボールは好きだったのでいつもバレーに参加してたな~。でもこういうときにバレー部とか部員がものすごい勢いで仕切ったりするのよね(爆)ありがたくはあるけど、ミスとかすると目がまじ怒ってんし。。なつかし~
  • 2008-11-29
  • 投稿者 : きっこ
  • URL
  • 編集

[C425]

久しぶり~。風邪ひいちゃっているようだね。

私は、こうみえて運動神経は悪くないので、体育において格段の苦労をしたことはないのだが。

バレーボール。ダブルスのバトミントンや卓球は苦手。
そんで、バスケは平気。
バスケは、率先して球を取るし「ハイ!あんたへ!」ってな感じでパスくれたり、渡したり出来るじゃん。
球もったら、私の責任でゴールへ放り投げればいいんだから。気楽だよね。

私が苦手なのは、飛んできた球に対しての。
「この球は、あなたに任せる」いや「この球は、わたしが…」っていうの。
人との間合い、つまり過剰な迄の気遣い。
運動して良い汗じゃなくて、心底、神経が疲れるんだよね。

まあ、それを解消する為に、かけ声や、目配せなど。
チームとして心を一つにする手だてがあり。
それをやっておくと。勝ったときの喜びの共有なんて高揚へ繋がり、抱き合うなんてボティータッチもあろうかと思うけどね。

日頃、教室の片隅で、下手に目立つこともなく絵を描いて過ごしているような私には、それが出来ないってだけなんだよね。

やる気になれば出来るけど。突然やると、クラスメイトが引くんだよね。

思い返せば、、皆が引いた、そんな時ありました。

中学生の頃の私は持久走も早く、成績もいいんです。
そんで、ともに好成績を獲得したあの中学2年の冬。

クラスが探し始めちゃったんです。
「だれだよ、今回のテスト●番は?? 持久走女子●番は??」って。

そ~したら、それ私です。
発見されたときのクラスのどよめき。と、その後の慣れぬ対処への困惑。

人にはイメージってもんがあります。
イメージ通りの人が●番であれば「やっぱ、アイツはすごいな~」と納得なんです。

私は、ちゃんと自分のイメージ知っていたんです。
決して、バレーボールじゃ、しゃかりきになってはいけないって。

それで、進んだ高校は美術科のある学校。
そこでのバレーボール、バトミントンは楽しかった。
気も楽だったよ。

やっぱり、チームメイトに恵まれるかだね。

イタリア人は個性的なのね。
私は、名古屋の人も個性豊かだと思うよ。
  • 2008-12-03
  • 投稿者 : めぼそ
  • URL
  • 編集

[C426] きっこ殿~!

おお~きっこ殿~元気~?
わたしゃまた風邪ひいちゃってさ~。今年の風邪はなんだか強烈だよ・・・。

いたでしょ、こういう人。
私は、体育が大変に苦手だから大変だっただよ。チームワークもそんなに苦手じゃないはずなんだけど、苦手なもので、チームワークっていわれてもね~。チームワークってそれなりのレベルがそろって初めて成立するもんだと思うわけよ~。
あのリーダーシップもね、いいんだけどさ~、レベルの違いを踏まえたうえでのリーダーシップを発揮して欲しいものですよ・・・。イタリアのチームはどうやって統率してるんだろうね。個性がつよすぎだからね、この国・・・。コーチとかも大変なんだろうなぁ。考えれば考えるほど不思議な国だよね。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C427] めぼそさ~ん!

おっす、ひさしぶり~。
えー!めぼそさん体育得意なの?それは、それは意外だよ~。そういえば、体育の授業とか一緒だったことなかったね。それともあった?まあ、大学の体育の授業はたいしたことしなかったしね。実力発揮するとかそんな状況じゃなかったわね。ゴルフうちっぱなしとかやったっけね。

大学の体育の授業は面倒くさいだけで、結構和気藹々で楽しかったよね。しゃかりきな奴が一人もいなかったのも良かったよね。

めぼそさんも苦労したね。いかにも体育得意ですって風貌じゃあないもんね。むしろ、体育とは相性悪いですってかんじだもんね。わたしなんか結構体育できそうな見た目なんだけど、体育は大嫌いだよ。「ええ!あいつが!」みたいな反応もきついね~。謝罪したくなるよね。「すいません、1位になってしまって・・・」

チームメイトっていってもさ、方や、やる気満々バレー部、方や体育大嫌いの私じゃあさ~つりあいとれんよ。チーム内の身体能力と温度差が激しいもん。やっぱそれなりに身体能力と温度差がなくてこそチームなんだと思うんだよね。中学の球技大会はあれは、お互いの肝臓に悪いと思うわね。大学レベルになってさ、お遊びで球技大会とかだったらね、たのしいんだけどね。ほら、あの1年のとき1回だけなぜか運動会したでしょう?あれ、私はジャージであそこにいただけだけど、たのしかったよー。気持ちだけは全面的に参加してたよ。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

[C434]

大学の体育および運動会は楽しかったね。
だってみんなヨレヨレだったもんね。

山に向かってアーチェリー。まさに狩人だったよね。

そんで、私は運動とは無縁な外見だからね。
社会人になって…そう27歳くらいの時かな~。
急いで走っていたところを会社の人に目撃され「●●が走ってたぞ!!」と皆の噂に。

そりゃあ走るよ…足が二本あるんだし。

ちなみに私は高校生のコロ、プールの監視員バイトもしており、当時は、かるく500mは泳げたと思うよ。

人は見かけによらないけど、イメージを保たないとならない時があるんだよね。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : めぼそ
  • URL
  • 編集

[C438] めぼそさ~ん!

うはははは!そういえばやったね、山にむかってアーチェリー!!

みんな、単位のために仕方なく、しかしどことなく楽しんでもいた体育の授業だったね。なにがいいって、先生たちも、ワシラ生徒達から多くをのぞんでないってのがよかったよね。

プールの監視員のバイト?めぼそさんが?ありえないって。イメージとしては、10メートルくらいで沈んでいきそうじゃないかい。

あいつが走ってた!
私もびっくりするね、めぼそさんが走ってたら。そういえば、めぼそさんが走ってるとこみたことないね。

ルッOがぴちぴちのジーパンはいてきたときくらいの衝撃はあるわね。

イメージを保つ努力をすると、めぼそさんの場合、自分の実際の実力を下げることになるわけだ。私の場合、体育ができそうな雰囲気だったので、がっかりされることのほうがおおかったね。びっくりされるのも、がっかりされるのも、どっちも同じくらい酷なもんだね~。
  • 2008-12-04
  • 投稿者 : San Benedetto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sanbenedetto.blog44.fc2.com/tb.php/146-b41d3ab5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix


お得なポイント貯まる!ECナビ


▲これで航空マイレージも貯めれるよ。ワシはUAのマイルに交換した~。なんとか、有効期限延長に成功したぜっ!

Monthly Archives


▲サンベネデットはチマチマチマチマお小遣いかせぎはじめたよ。ダラダラがんばってみるだよ~。

Feeds


出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp

Extra

プロフィール

San Benedetto

Author:San Benedetto
San Benedettoがイタリアの現実をだーらだーらだーらだーら紹介します。ほんとつまんないですよ~、私のブログ。ほんと無益ですし。たまには有益なことも書けるといいのですが~。どうだろ?

お気に入りに追加!

お気に入りに追加♪

↑Firefox には対応してないようです・・・

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。