Entries

スポンサーサイト

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

日本のマックのおねえさんも客に「あん?」と言えるようがんばる

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
この前のマックのことがあったので、いろいろ日本とイタリアの働きかたについて私なりに考えてみました。

日本の場合は、仕事をするというのは自分が与えられた役割を演じるということが多々あるとおもいます。ここでいう役割を演じるというのは、社会のなかで俳優になって生きるということに近いと思います。誰しも、多かれ少なかれ、与えられた役割を、「演じきる」ことが求められます。大根役者は即クレームの対象になります。

たとえば、マックのお姉さんがた。笑顔がすばらしいですねーハキハキしててねー。
あれは仕事で、マックのお姉さんという役を演じているのですね。ですから、このニコヤカサワヤカお姉さんも家に帰りゃぁー、どっでんでろ~んとテレビの前に横たわって、腕を三角にして頭を抑え、余ったほうの手でポテチを食べたり、コーラをのんだり、鼻をほじったり、尻を掻いたりしているわけです。こたつの周りには脱いだTシャツ、ジーンズ、ブラ、パンツがちらかり放題で、雑誌や本、CD、DVDあらゆるものが床の上にでていたりする人もいるでしょう。

あのマックのお姉さんが演じてないとしたら、家のなかでもそりゃあ、テキパキテキパキ動いてますわね。根っからのテキパキだって方ももちろんいらっしゃるでしょうが。

往々にして日本のでは、家にいる自分と、職場での自分は別物です。

ところが、イタリア。
この国では、誰ひとりとして、演じきっている人などいません。多少演じてる人もいるでしょうが、日本のそれとはまったくレベルの違うものです。

今日仕事帰りに小腹が減ったので、またマックに行きました。マックナゲットは高いので、ポテト小をひとつを買うのが日課になっています。ポテト小を面倒くせーオーラがボウボウ出ているお兄さんに、ポテトをオーダーしていると、横の店員が突然


「待て、ごるあー!(◣益◢メ)金はらってねぇだろうが!!!!」



と、お客に向かってまあ、耳をつんざく声で叫んでいるのです。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
(イタリア語の場合、コラーとかいう表現はなかったですが、言ってるトーンは日本語にすると完全にこういう感じでした。)

かわいそうにそのお客さん、お金を払わないで出て行こうとおもったのではなく、うっかり忘れてしまったらしいのに、カウンターを飛び越えてでていくんじゃねーかっていう勢いで噛み付いてましたよ。そんな店員って日本ではなかなかいないですよね。この女店員、非常に態度が悪いのでマックに行っても絶対にあいつの列には並ばないようにしています。

そのほかに、フィレンツェの駅の窓口1~3によくいるめがねの親父なんですけどね、あの野郎、ユーロスターの変更のやり方がわからないらしいんですね。

「すいませーん。このあとのユーロスターに変更したいのですが」

「あん?ちょっと見せてみろ。・・・・・・・・・・・・・変更はできねえよ。」

「は??なんで???」(# ゚Д゚) ムッカッ!!

「できないもんは、できない」

「ユーロスターのチケットは手数料無料で変更できるはずでしょうが!!!」ヾ(。`Д´。)ノ㌦ァ!!

「できない!」

こんの野郎~。とおもいつつこいつと話てても埒があかないので、また列にならんで違うおじさんのところへ、

「すいません、向こうにいるめがねのおじさんがこのチケットの変更はできないっていうんですけど」

「ちょっと、みせてー。・・・・・・・・・できるよ。」

「やっぱり、ですよね」 _| ̄|○

やっぱりできるじゃねえかよ。まず第一に窓口で働いておきながら、知らないからできないオペレーションがあるって、どうなんですか?働く気がねえなら辞めろよとおもいます。

数ヶ月後、フィレンツェ市内に行くために、窓口の前を通ろうとしたら、3番窓口がなんだかもめております。なんでしょう。3番窓口のカップルの女性のほうが、私がいるほうにツカツカ歩いてきて、掲示板に書いてあることを確かめています。さらにはそれをむしり取ろうとしてらっしゃいます。

よく見てみると、3番窓口にはあのおっさん。女性が見ているのはユーロスターのチケットの変更についての広告(?)。そこには要するに、ユーロスターの変更には料金がかかりませんよっていうことがかいてあります。(たしか出発前までは無料だったような・・・、今度よくみてきます)

あのおっさん、まだユーロスターのチケット変更のやり方習得してねえのかよ。ったく、しょうがねえな。

このおっさんなんかは、家でも、職場でもその差1%くらいでしょうかね。何が違うって、発券だけはしてんですからね。家にかえったら、コップひとつ運びゃーしませんよ。

アホアホブログにも行ってごらん←MAU@ちんのブログ

ダラダラと書いてまいりましたが、私が思いますに、イタリア的働き方というのは、働く側の精神衛生上とてもいいのだと思います。本当の意味での「自分らしく働く」もっというと、「素で働く」。

もし日本人が会社で素で働くことにしたら、マックにも「あん?」が横行しますし、銀行員も「あん?」です。こちらが客として行く場合には多少気分が悪いですが、自分が働く側のときも「あん?」でいいんですから、多少は楽になります。日本は言葉尻なんかにもものすごく厳しいですよね。もうちょっと、サービスを受ける側が、余裕をもってもいいのではないかと私なんかは思ってしまいます。だからと言って「あん?」がいいかといえばそれは違いますけれども。


日本では近年、企業へのクレーム数が何倍にもなっているのだそうです。イタリアなんかだったら、それがイタリアだったら、クレーム処理だけで、何百人も人をやとわなくちゃならないでしょうね・・・。


企業に毎日暇つぶしにクレームの電話入れてる人たちはイタリアに修行にきたらいかがなんでしょうかね。建設的なクレームはよしとしても、明らかに言いがかり、暇つぶし、ストレス発散のはけ口にしている人たちはぜひイタリアにいらして、「サービスを受ける側の身構えかた」というのを習得しにきてはいかがでしょうか。
イタ化がすすんじゃって、もう日本社会には受け入れてもらえないサンベネデットはおこがましくもブログランキングなどに参加してます。申し訳ないですね~。読んじゃったついでに、このブログにたどりついちゃったついでに、ランキングクリックよろしくお願いしいまーす!

追記を表示


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!
スポンサーサイト

Appendix


お得なポイント貯まる!ECナビ


▲これで航空マイレージも貯めれるよ。ワシはUAのマイルに交換した~。なんとか、有効期限延長に成功したぜっ!

Monthly Archives


▲サンベネデットはチマチマチマチマお小遣いかせぎはじめたよ。ダラダラがんばってみるだよ~。

Feeds


出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp

Extra

プロフィール

San Benedetto

Author:San Benedetto
San Benedettoがイタリアの現実をだーらだーらだーらだーら紹介します。ほんとつまんないですよ~、私のブログ。ほんと無益ですし。たまには有益なことも書けるといいのですが~。どうだろ?

お気に入りに追加!

お気に入りに追加♪

↑Firefox には対応してないようです・・・

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。