Entries

スポンサーサイト

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

ロレンツォのこと書いてるってばれたか?

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
昨日おとといと、予備校、大学が一緒だった友達メーメとその夫君ヒーが新婚旅行でフィレンツェに来ていた。おととい夕方PISAに電車で一緒にいきました。電車の中でたべっこ動物メープルシロップ味をもらいました。う~ん、バターと塩とメープルシロップが絶妙でおいしい。だけどメーメ小さい袋じゃなくて箱でもってきてくれてもよかったんだよ~ん。うへ。

pisa.jpg


PISAの斜塔でなにが面白いかって、いろいろなポーズで写真をとる人がいるのが面白い。両手でささえる人、指で押さえる人、背中で支える人いろんな人がいます。メーメと私はそういうのを観察するのが大好きです。ヒーは恥ずかしがってポーズをしなかったのだけど、メーメはもちろんそういうこと大好きですから、3ポーズくらいしてました。時間が遅かったこともあり、外見をみてまた駅に向かいます。私たちダメ観光客です。

そうだそうだ、ここで、旅行なさろうと思っているかたに、ちょっとお役立ち情報。フィレンツェ-PISA間片道5,6ユーロです。あ、インターネットでもみれますよね。全然役にたてない・・・。
http://www.ferroviedellostato.it/cms/v/index.jsp?vgnextoid=3fdbe14114bc9110VgnVCM10000080a3e90aRCRD
ここで、時刻、料金などみれます。英語版のリンクです。

その後私の家でピザを食べました。するとサンタンジェロが今日、夏の間は閉まってしまう例のヘビメタディスコが再開するという。メーメとヒーは添乗員つきでそれはそれはハードな日程で来ておられますので、ちょっと気が引けたけれど一応行って見たいかどうか聞いてみました。案の定、みてはみたいが、疲れてもいるという反応。そりゃそうだわな。その日、サンロレンツォの市場みて、サンタクローチェのお土産屋に競歩で連れて行かれて、そのあとドゥオモとウフィツィ美術館をみた(といってた気がします)そうです。そりゃもう眠いよね。お疲れ様でした。

興味には勝てないメーメですからね、30分だけ行くということで合意が得られました。ふふふ。メーメは絶対にうんっていうと思ったんだ~。
夜11時。ヘビメタディスコへ変なイタリア人に連れられた、3人のフツ~の格好の中国人が登場したので、注目の的になります。でも、みなさんそのすっごい格好とは裏腹に心は健全なので、メーメが写真とりたいというと、快く応じてくれました。インアウグラツィオーネ(日本語でいうと祝オープン?)だといこともあり、みなさんいつもにもまして気合はいっております。

ディスコに向かって歩いてるときにメーメが

「ねぇ、ロレンツォは来るの?」

一瞬、ウッッッ。っとなった私です。
もちろんこのロレンツォとはあの喉に肉がつきすぎてヒゲで顔と喉をうまいこと区別してるロレンツォのことです。サンタンジェロは私がこんなことやあんなことをブログで書いてるなんて一切しらんのです。しかしもう、サンタンジェロだってその名がメーメの口から発せられたのをきいてしまったことでしょう・・・。
しょうがないので、サンタンジェロにきいてみます。

「ロレンツォ今日くんの?」
「???ロレンツォってどのロレンツォ?」
「あの、この近くに住んでるロレンツォだけど」
「・・・ていうか、なんでメーメが俺の友達のロレンツォを知ってんだよ?」
「・・・へへへ、ブログでちょっと・・・(;^ω^)へへへ・・・」
「・・・」

間違いなく、どんなことをブログで書いてんだよって怪しまれました・・・。
サンタンジェロが日本語を読めなくてよかったぜ~。
⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!

残念ながらイベントがあったために12時半までまたないとヘビメタの部屋はあかなかったようで、エアーギター見学をすることはできませんでしたが、ディスコの雰囲気は感じてもらえたと思います。謎の中国人3人組は20分そこらでディスコを後にしたのでした。



サンタンジェロに危うくブログで何を書いてるのか詳細に聞かれるところでございました。危なかった。ティッシュ事件のこと書いたっていったら、あれ怒るよ。みなさんティッシュのこと知ってるって内緒ですよ~。はい、シ~ね。
みなさん、今日もどうしょもない記事にお付き合いいただいてありがとうございます!ついでといってはなんですが、以下のボタンポチ、ポチ、ポチーっとしてくださいませ!サンベネデットやるきでちゃうよ~。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!
スポンサーサイト

ロレンツォのお母さん

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
以前登場した喉に肉があり得ないくらいついてしまって、顔と喉が一体化したのを、うまいことヒゲで顔と喉の区別をつけてるロレンツォですが、彼のお母さんがまぁ、これ、心配症なんです。

このロレンツォこれまた以前ご紹介したヘビメタディスコの常連なんですけどね。ある日ロレンツォが仕事のあとに家にいったん帰らずに、直接ヘビメタディスコにいったそうなんです。お母さんは、夜中の12時になっても帰ってこない息子のことが心配で心配で大変、気をもんでいたのです。携帯も電波が届いていないようです。だいたいどこに行ったのか察しはついています。
そして、決心しました!



ディスコに息子を探しにいかなくては!
(`・ω・´)シャキーン


ほんっとにイタリアのお母さん連中の考えてることはすごいですね~。
このお母さん、背が低いのにコレでもか!ってくらいに肉を蓄えていらっしゃいます。おかあさんも顔と喉が一体化してますが、おかあさんにはヒゲという武器はありませんので、まあ、どこからが顔かどこからが喉かちょっとマジックで線を入れてみたくなります。

さて、ディスコの近所に住んでいるお母さん、ディスコに到着しました。でも中にいれてくれません。そりゃそうでしょう、どこかの太ったおばさんがディスコに一人できてもいれてくれないとおもいます。そこで、お母さん、大声で

「ロレンツォー!ロレー!いるのかーい!どこにいるんだねー!私の息子よー!」
(この「私の息子よー」と言う表現、日本ではあり得ない表現ですが、イタリアでは良く使います。)

と大声で叫びはじめました。このディスコ入ってすぐディスコでなくて、中にはホールみたいなところがあってうるさいですけどわりかし静かなんです。そこに友達かなんかいたんでしょうかね、風貌がロレンツォそっくりのおばさんがロレンツォロレンツォ叫んでるんで、ロレンツォをよんでくれたのでしょうか、ロレンツォが姿をあらわしました。



ギャアァァァァ━━━━━━
(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!
「かあちゃん、ここで何してんだよ!早く帰れよ!」


「あたしゃ、オマエのことが心配で心配で・・・」

「4時には帰るから、心配しないで、な、帰って寝てていいよ」
(;´∀`)

いくら心配だとは言え、ディスコまで息子を向かえにいくのはどうなんでしょうか・・・。雨が降ったから小学校まで息子を迎えにいくのとちがうんですから・・・。ロレンツォはそんな自分の大人の世界をみられて大層はずかしかったことでしょう。親に見られるとちょっと照れくさいことってありますよね。うちのサンタンジェロは私の教育もあり、大分親離れできてきました。特に電話するんじゃねーとかって強制してるわけではないんですが、ひとつの別の家庭をもったんだという自覚がしっかりしてきたようで、毎週土曜私が働いてるときに恒例のお母さんとお昼を一緒に!をここ2年くらいやってません。エライなぁ~よく成長したと感慨深いのであります。断っておかなくてはなりませんが、決して強制してるわけではありません。私のスタンスはやりたいことはやればいいなのです。

9月がおわりますねー。12月が確実に近づいています・・・。恐怖のクリスマス・・・。あー嫌だ。



イタリア人って個性が強くてわがままで・・・しかしそれは全てご愛嬌!つい白目になってしまうこともありますが、暖かい目で見守ってあげなくてはいけませんね。
サンベネデットはおこがましくもランキングに参加させていただいております!応援してくださる方!ポチ、ポチ、ポチーとしてくださいませ~。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

類は友の匂いをかぎわけます。(長文注意)

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
(今回文章やたらながいですが、どこで切るべきかわからなかったので、そのままにしておきます。読むのに疲れてしまったら、何回かに分けてよんでくださいね!)
結婚式場にゼエゼエしながら到着しました。
まだ、結婚式は始まっていない様子で、向こうのカウンターで飲物をオーダーしていいそうです。荷物をあずけて、カウンターにいくと、サンタンジェロがネグローニというものが飲みたいと言い出す・・・。それを英語でなんていうか知らないんですけど・・・。日本語でもなにか知らんし・・・。とゴニョゴニョ2人で遣り合ってると、バーテンはなんとイタリア人だった。なんだ、よかった、イタリア語でいいみたい、サンタンジェロ意気揚々とネグローニをオーダーする。私はその間に、とあるクラブで交換留学生として日本にきて、今回の結婚式の主役のお嫁さん家にホームステイしていたポーランド人Kに10年ぶりに再会しました!うれしかったー。私も彼女の家に1週間くらいお世話になった(留学プログラムでなくプライベートで)こともあったので、いつか恩返しがしたいという風に思っていたので、とてもうれしかったです。お嫁さんのお母さんとお父さんと弟さんにも10年ぶりにあって、皆さん元気そうで、本当にうれしかったです。とくに、このお嫁さんTのお母さんがいい人で、私は大好きなんです。


程なく、結婚式場へ案内され、お嫁さんT(私の友達)登場です。この友達、人生の分岐点の時期に一緒によく遊んだので、そんな寂しかった二人の時代のことを思い出して、涙が・・・。よかったね、T本当に良かったね。涙がでてきてKに、笑われてしまったが、私も自分で涙がでてきて笑ってしまった。よかった、すごく優しそうな旦那さんで!Tにはこういう普通に優しそうな旦那さんが必要だったと私は心から思います。

結婚式の間中、サンタンジェロが
「おい、あいつの指輪みてみろよ、スゲーぞ、羊だぞ」
などと、一人の帽子をかぶった男性のことをしつこく言ってくるのでした。


その後、結婚披露宴会場に移動しまして、そこではその男性が帽子をとっていたのですが、その髪型が面白いのです。横は全部短くかっとしてあって、金色です。その上に15センチくらいに伸ばした髪の毛が頭の上をすべるように、後ろに寝かせてあるのです。

「・・・あいつもメタルなはずだ。」

すばやく己と同じ匂いをかぎ分けました。
でも私には、メタルというよりパンクにみえます。

披露宴後にダンスパーティーがあって、そこで、前を通りかかったその男性を無理やりよびとめます。すると男性が、

「WHAT?」

イギリス英語でした。
この人日本人じゃないのかな。
お嫁さんの親戚と言う風にきいていたので、日本語で押し通すと、やはり日本人でした。彼は、中学校から寮にはいってロンドンで生活しているらしく、そしゃもう、イギリス英語ですよ、発音がね。お嫁さんTとは初対面らしいです。なにやら、今年はじめ親族のお葬式があったときに初めて、「はとこ」がロンドンにいるらしいということをお嫁さんの両親から聞いて、今回出席されたそうです。お嫁さんTも、彼には初めて会ったといっておりました。

この彼、かりにT男くんとしましょう。やはりパンクでした。だから、言ったじゃん。で、その髪型はモヒカンが寝ている状態なんだそうです。大学時代の私の友人も高校のときモヒカンで、立たせていない状態が、いかに格好悪いかを熱く語っておりましたが、は~、そうですか、これが、うわさのモヒカンが寝ている状態ですか。私は軽い感動を覚えました。でもそんなに格好はわるくなかったですけどね。なかなか獣のスカンクを彷彿させるような髪型に収まっておりました。

サンタンジェロは英語が苦手で、

「アイ ドン スピーク イングリッシュ ウェル」

とかって英語でよくいうのですが、そんなこと言わなくても、英語この人しゃべれないなってすぐ分かるんだからいわなきゃいいのにと思うんです。今回も、またその得意のフレーズで一応断ってました・・・。やさしいT男くんは「alright]ときれいな英語で答えていたけど、それも分かったのかどうか。しかし、このT男くん、すごいです、サンタンジェロの英語を理解できます。私なんかはもう、横にいて笑っちゃうんですけど、T男くん一切笑わずに真剣にサンタンジェロの言うことを聞いています。サンタンジェロの英語はイタリア語を英語風なイメージに発音しただけです。サンタンジェロの英語のこと言うのも、ちょっとかわいそうかなと思うのですけど、一生懸命にしゃべってるのをみるとつい笑ってしまう悪い私です。T男くんがただひとつわからなかったのは、「クルテュー」。考えてもどうしてもわからなかったのでしょうね、たまらず、「クルテューって何?」と私に聞いてきました。笑うのをこらえていた私ももう、だめで、噴き出しました。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

この「クルテュー」「CULTURE]のことなんですけどね、いくら発音を教えても覚えないのです。

それからサンタンジェロはかなり飲みました。それでも飲み足りないらしく、T男くんにメタルやパンクのかかってる店に連れていってくれと頼みます。もう12時近いのでロンドンのパブはもうどこも閉まっている可能性があります。連れてってしまってたら諦めるだろうと思っていったら、開いてました。その日はイベントがあって入場料を払う必要があったのですが、T男くんこのオーナーと知り合いらしく、着いたのがおそかったこともあり、タダで入らしてもらいました。

T男くんは、もうこの人はイギリス人です。そこにいた人をいっぱい知ってました。みんなから、スーツを指摘されて、ちょっと恥ずかしそうに「Wedding, men」と言ってました。いつもはモヒカンですからね。しかたないですね。私もそんな場にスーツでしたからちと恥ずかしかったです。そこに1時までいて、T男くんがバス停まで送ってくれました。ありがとうT男くん。ほんっとに、パンクとかメタルの人っていい人多いなぁ。心はやさしいんだよねぇ。

そっからですよ、私の地獄の始まり。ちょっと、書くのもはばかられるんですけど、書いちゃいます。まぁ、これ、サンタンジェロ飲みすぎで、ハイになってますから、大声でめちゃくちゃな英語で歌を歌う・・・。すっげー恥ずかしい。さらに私に注意されたのが気に入らなかったらしく、バス停の近くにおっこってた、黒いティッシュをひろいあげて、歯で噛みちぎり・・・、

「見たか俺の悪魔的な儀式を!」

このボケが、OZZYがその昔コンサートでコウモリの頭を食いちぎったのを真似してるよ。
オマエが食いちぎったのはティッシュだろ。

まあ、そんあこんなで午前2時にはホテルに戻りました。
翌日、私は猛烈に怒っていたんですが、サンタンジェロがした行動を私が再現してみせると、平謝りに謝ってました。あまり怒ったりしない私ですが、怒りだすと長い私はそのときはまだ許せませんでした。
怒りは収まらないもののサンタンジェロが世界で唯一好きなものをみつけられるTOPSHOP2階のレジの対角線上にある凹んだ3m四方のエリアに連れて行ってあげました。TOPSHOP広しといえど、その3m四方以外には好みの服はないのです。そこで、サンタンジェロよかったね、今回も好きなTシャツが3枚も見つかリました。その後ジャパセンにまたいきました。ジャパセンの午後の紅茶を飲んだら私の怒りも少し収まりました。イタリアにもジャパセンがあったら私の怒りも収まりやすくなるのになぁ。

もう出発の時間が近づいていますが、ジャパセンの横のレストランで食事をせずしては帰れない。30分で食えるだろうか。私はうなぎ丼、サンタンジェロはキムチラーメンを頼みました。日本で食べるうなぎよりそら味はおちますがね、イタリアでうなぎ丼なんかたべたことない私は感動しちゃいました。サンタンジェロはアジアの食事大好きで、なんでも食べれますから、この人は幸せな人です。今回もうまいうまいっつって食べてました。

unagi.jpg

kmuchiramen.jpg

30分で食べ終わり、大急ぎで隣のスーパーに行きまた買い物。飛行機の中で食べるすしも購入しました。大したものは買ってないのですが、亀田のソフトサラダ、長崎皿うどん、うどん、そして今回の最大の収穫



納豆!
natto.jpg
うおっほ~い!

冷凍で売っているので、イタリアに着くまでには解凍されてしまいますし、多少いたむかむしれませんが、それでもいいのです。納豆が食べれれば私は死んでもかまわないのです!
(`・ω・´)シャキーン

フィレンツェのVIVIという日本食が申し訳程度に売っている店でね、錦という2,5キロで7ユーロくらいする日本米を買ったら、この納豆を解凍してたべようではないですか。イタリア米でたべちゃぁいかん。おいしさも半減します。ちなみに納豆の値段をよくみないで買ったのですが、そんなにしなかったようにおもいます。3ユーロ程度かな?イタリアだと3パックで6ユーロでしたか?VIVIで確認してみます。

tea.jpg
このライチ味の紅茶がやたらとうまかったです!次回行くときはライアンでも、2つスーツケースもていけるようにして、午後の紅茶買いまくるのだ。今回は残念。サンタンジェロのマトリックスコートが異常な重さで、スーツケースにはもうなにもいれられないのでした。


Tちゃん幸せそうだったし、サンタンジェロも友達みつけたし、Tちゃんにたばこ1カートンもらったし、納豆買ったし、やっぱ、ロンドンって楽しい~!



ロンドン旅行つかれましたけど、楽しかったです!ロンドンに住みたいな~とちょっと思ってしまう私です。皆様、今回長くなってしまって、お疲れ様でした。全部読んでくれたかた本当にありがとうございますおこがましくも、ランキングに参加しております。たのしんでいただけましたら、下のボタンポチ、ポチ、ポチーっとしてくださいな!今日もご訪問ありがとうございました!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

ポルトベッロロード

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
前回書き忘れてしまいましたが、ぺヤングソースやきそばがなかったのです・・・。ガックシ。
ぺヤングじゃなきゃやきそばなんか食べなくないよ~。残念だな~。オロナミンCもないしさー。
しょうがない、ここは外国だものね、日本のスーパーの品揃えを考えちゃいかん。フィレンツェの日本食材おいているところに比べれば、ま~そりゃあ雲泥の差っちゅーもんです。

ミラノとかローマだったらもっと品揃えいいのでしょうか?

で、まあ、とにもかくにも、20時に起きてカムデンのパブで一杯やるために目覚ましをかけて、午後2時半に床にはいりました。よっぽど疲れてたんでしょうね、二人とも5時間そこそこグースカねてしまって、目覚ましが鳴ったのですけど、私はもうこのまま布団のなかで寝ていたい。お願いだから、このままねかせてくれ~。
(っA`)ネムー
鉄の男サンタンジェロもさすがに疲れているようで、布団に戻って寝てくれました。夜中の11時に目がさめて、腹減ったなー。ひひひ、カップラーメンがあるじゃないですか!あーうまいねー。わかめラーメン。WAGAMAMAでもこの際自分達で作らないでインスタントラーメンでも売ったらどうなんだろう。そのほうが、数百倍うまいだろ?

二人ともわかめラーメンを食べて、また寝ました。
wkmramen ready
具の入ってる袋のきれっぱしが、リアルですね。

しっかし、夜中の便でくるのはもう、やめましょう。昼の一番いい時間帯ねちゃってちゃー意味ないじゃん・・・。当初の予定では空港で寝る予定だったんですけど、一睡もできませんでしたからね~。どこでも寝れる!という自身のあるかた以外は本当に夜中の便は止めたほうが、いいです。周辺のホテルに泊まるくらいなら、ヒースロー発着の飛行機にしたほうがいいとおもいます。ちょ、ちょっと、や、役にたっちゃったかな、これ?あ、ご存知でした?あ、また知ったかぶっちゃいましたよ・・・。

翌朝、今回はさすがに6時起きってことはなくて、8時におきて、ホテルで朝食をたべて、今回はポルトベッロというところに行きました。ポルトベッロもなかなか魅力的です。ごっちゃごっちゃしてるの私大好きです。あ、私ポルトベッロって言ってますけど、ポートベッロですよね。でも、イタリア式巻き舌ポルトベッロでちゃんと通じました。だって、BELLOって後ろがなってるからねぇ、どうしても、イタリア語知ってたら「ポルト」となっちゃうわね~。

例によって、また一軒一軒丁寧に見るんだコレが!またお土産屋ですか!まーご丁寧にみるし、ロンドンってなかなか道路上に座れるようなところないし、わし足腰が痛いのですけど?鉄の男サンタンジェロは昨日のつかれは吹っ飛んだようです。丁寧に見る割にこれが、また買わないんだな~。どうせ、イタリアでは気に入る服とか無いんだから、この機会に一杯買っとけばいいのにさ~。ファッションの国イタリアでね、好きな洋服がみつからないんですよ、サンタンジェロは。変わってますよね。

結局、サンタンジェロは何も買わなくて、私がロンドンのダブルデッカーのアンティーク調置物を買いました。

doubledecker.jpg

ちょっと、これ可愛くないですか?私、一目ぼれしてすぐ買っちゃいました。塗装は雑なんですけどね。中の座席の塗装なんか特にひどくて、完成してから筆を窓から突っ込んで塗ったんじゃないかと思われます。

acatinportobelloroad.jpg
ポルトベッロロードの民家の前にいた何事にも無関心で動じない猫。

4時の結婚式のその前にちょっとジャパセンに寄るために、2時にはポルトベッロを発って、ホテルに着替えに戻りました。その前に小腹が減った。バーガーキング!ワッパー久しぶりに食べます!うーん、やっぱおいしいなぁ。マックとは比べ物にならないな。イタリアのバーガーキングより、ポテトが断然おいしい。ホクホクでした。セットで5ポンドでしたから、6ユーロくらいですかね。円にすると1000円ですからちょっと、ぎょっとしますけど、ユーロで考えると、安いような気さえします。バーガーキングは食べることに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。
(m´・ω・`)m ゴメン…

着替え終わって、地下鉄でピカでリーサーカスまでいきます。しかし・・・カメラを忘れたことに気がついて、地下鉄でまた戻って、カメラを取ってくるうちにもう3時半・・・。なんてこった~!ジャパセンにいけねーよ。午後の紅茶・・・。
(TдT)
しょうがないので、ボンドストリートの近くの結婚式会場へ直行しました。午後の紅茶のみたかった・・・。結婚式にはギリギリ間に合いました~。良かった。
この結婚式で、サンタンジェロが友達をみつけました。

つづく。



すいません・・・つづくばっかりで。ご勘弁ください。ロンドン旅行の疲れがとれないまま仕事を始めまして、私かなりまいっております。今週末は日本から友達が新婚旅行で来ます!うれしぃ~!
ロンドンで買ったしば漬けを食べながら今回はブログを書きました。ふふ。ほんっとおいしい。この安っぽい濃い味がたまらないのね。
今日も、私のブログを読んでくださってありがとうございます。ついでに下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけるととても励みになります!今日もご訪問いただきありがとうございました!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

ジャパンセンター

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
皆様、更新がもたついていて申し訳ございません。私サンベネデットようやく仕事が見つかりまして、これも皆さんにブログで応援していただいて私にも運が回ってきたおかげでございます!これから更新はイタリア時間の夜になります。疲れてしまって更新できない日もあるかと思いますが、これからもよろしくお願いいたします!



疲労困憊で寝不足の私は、その日非常に胃の調子がわるかったのです。しかし、もうかれこれ12時、お昼の時間ではないですか。もう2時間くらいショッピングしてたのね・・・。胃が痛くてもいつものように、腹が減ってしまう私・・・。前回現金があまりなかったためにがっつり食べられなかったカムデンの屋台で食べることにしました。屋台に近づくと店のおねえちゃんがしきりに味見しろ~味見しろ~と、トングでつかんだ揚げ肉をこちらに差し出してきます。胃が痛くても、食いしん坊の私はついつい手がでてしまいます。たべてみると結構おいしい。今回はここで食べよう!おねえさんのおすすめ全部入りを食べる。


zenbuiri.jpg

これが全部入り。
とにかく、あるもの全部をすこしずつ入れてくれる。

一口目は空腹効果でおいしかったのか、うまくもないし、まずくもないという程度で、安いだけが取り得ですね・・・。これで、4ポンド。しかし、胃が痛いところに脂っこいものというのはいけませんね。ほんと、食いしん坊の私がまた!WAGAMAMA束っ束ゴミラーメンに引き続き、半分でギブアップです。なんと、私よりさらに食いしん坊のサンタンジェロまでが半分でリタイア。
(´ж`;)
うーん、どうも調子でないね、私ら・・・。

食事が終わって、またカムデンハイストリートを戻る私ら。サンタンジェロは今度はお土産屋を中心に見ている。っていうか、ほんっとに勘弁してくれ。お願いだから。どこのお土産屋もおんなじ様なもんばっかり売ってんだから、ね、もう帰ろうよ。ね!それでも、全部をみたいサンタンジェロを説得して、私はカフェで待っていてサンタンジェロ一人で行かせることに成功する。カフェに入り、トマトジュースで一服・・・。あー、いいなぁ。こういうカフェでゆっくりするのって。外に座っても、法外な料金もとられないしさー。いいね、いいね!
・:*:・(*´∀`*)・:*:・

camden from cafe
入ったカフェ。トマトジュース2,4ポンド。イタリアだったら、4ユーロくらいとられてるな、座ったし。へたすっと、もっとかな。

あーこりゃいいや。いいねー、こうやってさ~お日様にあたってねー、一人でカフェでトマトジュースを飲むのって、最高だよ~。サンタンジェロがもっと別行動をとれるような人だったらいいのになぁ~。と夢みてたら、サンタンジェロ帰ってきた。
(´ε`;)

ち、もう帰ってきたのかよ。
( `д´) ケッ!

「おう、どうだった、もうお土産はいいの?」
「どいつもこいつもおんなじ様なもんばっかし売りやがってよ~」

だから言ったじゃん。
自分で気がつかないと、だめな人だからしょうがない。

「じゃあ、一旦ホテルもどろうか、そろそろ部屋も準備できたんじゃないかな」

サンタンジェロも疲れている様子で、意外にもあっさり、うん、と言ってくれた。しかし、私にはまだミッションがある。これから3日間、毎日ジャパセンにいくのだ~。
(`・ω・´)シャキーン
ジャパセン最高だぜー。

カムデンからバスでピカデリーサーカスまで行き、ジャパセンを探すが見つからない、友達に電話してようやく分かった。うおっほーい!ジャパセン!早く行っても、遅く行っても何もかわらないのですが、足取りも速くなります。ス~タスタスタスタ
japancenter.jpg
赤いのがJAPAN CENTER。

うお~、すげーぞー!
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)
お弁当や、寿司をうってるぞー!すげー!全部買いて~。ただ今日は胃の調子が悪い・・・。今買ってもおいしく食べられない・・・。今日は我慢しとこう・・・。

1日目収穫
misoramen.jpg
定番ね~。

ebitaro.jpg
これはついつい日本に行ってもかってしまう。

nagewa.jpg
大好き、大好き!

picola.jpg
お菓子の中で、ブルボンとナビスコっていいセンスしてると思いませんか?

tanuki.jpg
赤いたぬきがでればいいのになぁ~。

katkichi.jpg
これは見たこともないですが、サンタンジェロに買ってあげました。

wakame.jpg
これは、もちろん私のものです。

decavita.jpg
デカビタしかなかった・・・。

gogotea.jpg
午後の紅茶~!うめえ!卒倒しそうだ!

大変残念なことにオロナミンC の普通バージョンがなかったのです・・・。
(´Д⊂グスン
金色のラベルのはあったのですけどね・・・私が飲みたかったのは、子供のときから飲みなれた普通のオロナミン Cなんです。・・・ま、まさか、このブログを誰かがロンドンで読んでいて、私が着く前にオロナミンC を全部買い占めたとか・・・?そういうこと?
いかん、オロナミンC 禁断症状がでています・・・。

本当はもっと買いたかったのだけれど、ライアンエアーの航空券を買うときに自分でチェックインで預けるかばんの数をひとつ30ユーロで指定するのだけれど、私たちはひとつしか指定しなかったので、あんまり重いものを買えないのです。何しろ今回のメインは友人の結婚式ですから、私たちの結婚式用の服と靴が入っていて、もうそれだけでかなりな重さなのです。ちなみにスーツケースひとつの重量は15KGに制限されています。手荷物もライアンは結構うるさいのです。最初からスーツケース二つにして予約するんだった・・・。

だっけど、午後の紅茶っておいしいですね~。あの、おもしろい独特の甘みがいいですね~。あーいいなぁ、ロンドンに住んでたら毎日午後の紅茶が飲めるな~。じゃあ、日本に住めよって感じですよね~、でも、ほら、私にはサンタンジェロがいるから日本はムリなんです。ロンドンだったらどうにかなるかな~。

そして、私らはホテルにむかったのでございます。
無事チェックインを済まし、午後2時半、昼寝を開始いたしました。

つづく。



大したもの買ってね~な、とびっくりなさいました?ははは。こんなしょーも無いもんが食べたくなるのですよ。いやーほんと高級料理なんかよりこういう安いもんがたべたくてしょうがなくなってくるのです。これらをチマチマチマチマ節約しながら食べるのです。イタリアにお住まいのみなさん、私の気持ち察していただけますよね?今日も全く有益な情報はありませんが、それでも応援してくださる方!以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーとしてくださいませ。今日もご訪問ありがとうございました!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

何事も忍耐です。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
今回の旅は優しい私の友達が結婚式に招待してくれて、そして、ホテルまで取ってくれたのです。友達は、到着してロンドン市内までこれれば、ホテルを予約してくれるといってくれたのですが、なにしろ私はスーツケースを持って夜中にウロウロするのは好きじゃないのです。空港から市内までタクシーにすればね、いいんでしょうけど、タクシーが片道100ユーロって・・・じゃあ、メリディアーナ航空でヒースロー行きに乗ったほうが良かったねって話になっちゃうわけです。

空港では、いろんなところで(貧乏)人が寝ています。お、ここは!というところは全部とられています。2m四方の広告柱で、その下に凹んだ空間があるんですが、そこが一番人気があるスポットのようです。(ごめんなさい、写真撮るのわすれました・・・)私らもどうにかここでいいかという場所をみつけました。

しかし、全然寝れねー・・・。横のスペイン人カップルのおしゃべりとくすくす笑い、しかも真夜中にこの空港は工事をしている・・・。くすくす笑いって、普通に笑われるより気になる分、やけに耳に入ってくるみたいです。夜中の3時頃になると空港の職員がヒールをカツカツ言わせて歩きますし、運の悪いことに私ら朝一の飛行機のカウンターに寝ていたらしいのです。3時半にはもうカウンターの前に列を作っている人がいる・・・。みんな床に寝そべってグータラしてるので、恥ずかしいってことはないんですけど、でも、寝れねー。

しょうがないんで、場所を変えてバスターミナルに行きました。ロンドンは極寒です。息が白いです。薄着のサンタンジェロはガタガタ震えています。バスの待合室はガラガラ。こりゃぁいい。と、思ったのですが、椅子が・・・アームレスト付で横になれない・・・。辛い・・・。まだバスの出発時間7時まで3時間もどうしろというのだろう・・・。寒い。

それから、カプチーノを手に3時間眠るでも、しゃべるでもなくただボーっと過ごしました。急がしく働いてるときって、あー1日中ボーっとしてぇなぁ。とかって思いますけど、テレビも本もなくボーっと過ごすのって、まあ、辛いですね~。

一縷の希望はホテルがアーリーチェックインを受け付けてくれること・・・。やっと朝7時です。3時間がこんなにも長かったことがあったでしょうか。長ぇー長ぇー。バスにのっても、眠れない。さっきのカプチーノがいけなかった・・・。ベイカーストリートでバスを乗り換えて、寒さに震え、死ぬ思いでホテルに到着しました。

レセプションで聞いてみるとアーリーチェックインして、ちょっと寝ようという考えは粉々に砕け散りました。開いている部屋はひとつもないそうで・・・。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
朝からカムデンをうろつくこと決定。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


みなさんはね、サンタンジェロのショッピングにつきあったことないからこれがどういうことか分からないですよね。ほんっとに鬱陶しいんですよ。優柔不断のくせに全部みないと気がすまない・・・。カムデンハイストリートのメタルな店をひとつひとつ丁寧に見ていく・・・。いちいち値段を聞かれる・・・。凄すぎるデザインの服を買われないために私が嘘の値段を言ってるのじゃないかと疑われる・・・。カムデンの市場も、みんなおんなじような物ばっかり売ってるのに、ひとつひとつ丁寧に見て回る・・・。



忍耐・・・。
この漢字二つを噛み締めつつショッピングです。
<丶´Д`>ゲッソリ



・・・でも、成果がありました!
3年にわたって探していたデザインの古着の皮のジャケットと、皮のマトリックスコートを二つで80ユーロでゲットできました。これで、もう毎年、革ジャン探しのショッピングに付き合わされることもないな。
ε-(´∀`*)ホッ
Ψ(`∀´)Ψケケケ

しかしね、コレを買わせるのも一苦労だったんですよ。



「ねえ、買う?どうする?」
「おめーのコートだろ、オマエさんが決めたら?」
「二つで80ユーロって安いよね?」
「安い、安い。ほれ、早く買えc(`Д´c)
「でもさ、これ、ちょっと、ほつれてるよ」
「ひとつ40ユーロに文句いうな、ほれ、買うの、買わないの?早く~」
「買っていい?」
「いいから、さっさときめろー!!( ゚Д゚)ヴォケ!!
「じゃあ、買おうかな、いい?」
「いいつってんだろうがー!」
「でもな、二つも必要かな?」

イ~ライライライライライライライライライラ。
(#゚Д゚)y-~~イライライライライライラ
ほんっとに、決めろよ、早くよ~。私ぁ、徹夜のため体温調節が効かなくなってるし、足腰がいたくて、どこかに座りたいのにこのヤローはよー。とっとと決めろよ。ったくよぉ。

しかもサンタンジェロ買ったものはすぐ着たい派。日も高くなってきてあったかくなってきたのに、マトリックスコートを着るって言い張る。もう、いいよ、着ろよ。ただでさえ、君はメタルの目立つ部品を身につけているのに。そのうえ、いくら寒いとは言えマトリックスコートは早いし、みんながオマイのことみてるよ。もう、いいよ、貧乏なアジア人が変な西洋人と滞在許可証のために一緒になったと思われてもさ~。いいよ、いいよ。

それから迷った挙句に買ったのが、10ユーロそこそこのブッシュとヒットラーの絵が描いてあって「同じ糞」ってかいてあるTシャツ・・・。10ユーロくらいとっとと買えばいいのにさ~。まぁ~何をそんなに迷うことがあるんだか不思議ですよ。

私はあまりの疲労のため、気が遠のいたりしながら、ショッピングに付き合いました。
よくがんばったなサンベネデット、エライ。
この忍耐を証明してくれるのは、横浜中華街を私らと一緒に回ってくれた友達でしょう。あの時も忍耐の限界に挑戦したのでした。友達もかなりウンザリしてましたからね。


つづく。



サンタンジェロとの旅行は全然楽じゃありません。結局自分のものは食料しかみせてもらえなかったサンベネデット。ほんっとに今回の旅はボロボロになりました。サンタンジェロとサンベネデットのロンドンの旅はまだ続きます。下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけますと、うれしゅうございます。みなさん、今日もご訪問くださりありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

疲労困憊

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
お~サンベネデット疲労困憊です・・・。
昨日の夜12時に家について、すぐに寝たのですけど、死ぬほど疲れています。あちこちの筋肉がいたいのです。なんでだろ・・。

19日私はフィレンツェで用事があったので、19時30分フィレンツェベスプッチ橋でサンタンジェロと待ち合わせをしてピザの空港に向かったでした。なんで、ピザまでわざわざ行ったかというと、ライアンエアーという航空会社が激安で、フィレンツェの空港には乗り入れてないからなんです。今回、私達の航空券のお値段は、一人往復64ユーロでした。電車でミラノ往復と同じくらいの値段ですね。もちろん、ピザまでのバス代や電車賃がかかるからちゃんと比べるともっとたかくなるのですけど・・・。でもそれでも、なかなか魅力的な値段です。フィレンツェからだと、メリディアーナが安いチケットがあるときがあるけど、それでも片道100ユーロはしますから、ピザまでわざわざ行く価値はあると思います。

ピザ空港22.40発、ロンドンスタンステッド30分遅れの現地時間24時半くらいにつきました。しかし、私は例によって外国人専用のラインに並ばなきゃならず、こんなときに限って、中近東系大家族が前にいたりするんです。中近東系大家族はだいたい入国に手間取るんです・・・。結局入国審査のところで30分くらいかかりました。だけどね、いいんです、急ぐことは全然ありません。今日は空港で寝るんです。

スタンステッド空港ってロンドン市内からすっげー遠くて、1時間半もかかるので、今からバスにうまいこと乗れて、市内のヴィクトリアにつくのが夜中の3時。そして、そこで大きな荷物をもってウロウロして、タクシーにのってホテルに着くのが3時半へたすると4時・・・。これは、キツイと出発前は思ったのです。ネットで調べてみると、スタンステッドは夜中ずーッと開いてて大きなユースホステルのようだと書いてあったので、私らもそこで寝るべく寝袋を用意してきたのです。それが、今回の旅の最大の失敗だったのです・・・

皆さん、こんな中途半端ですが、私今からフィレンツェに行かなくてはいけません。続きはまた、明日かきますね!いつも応援してくれてありがとうございます!以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけますと、とってもうれしいのでございます!今日もご訪問いただきありがとうございました!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

これが、俺たちの野望だ!

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
さてロンドン2日目、私達は7時半にはもうピカデリーサーカスにいました。
誰もいなーい。いるのはピカデリーサーカス地下鉄駅で写真をとるサンベネデットとサンタンジェロだけ・・・。こんなに張り切った観光客はワシらだけにきまってるよね。旅行に行くと毎回朝6時起きの私達・・・。ちょっとは寝坊したいが、サンタンジェロは朝からやる気満々だ・・・。
しょうがない、ロンドン滞在日数は少ない・・・。ガンガン観光しようぜぇ!

その前に、ATMためしてみようか?
結果は?



(´・ω・`)ガッカリ…
やっぱりだめです~。

まあ、もうこりゃだめだよ、のこり60ユーロでなんとかやろうや。お土産屋とか普通の洋服を買うのにはクレジットカードで大丈夫なんだけど・・・ジャンクフードと、ヘビメタグッズはキャッシュがないと辛いのです。

さて、こってこてのロンドン観光の途中で空腹のサンベネデットはフィレンツェでは食べられない、韓国料理を食べたいと思っていました。韓国街だと思われる地域で入りやすそうな韓国料理のお店がありました。クレジットカードで払えるのなら食べようじゃないですか。

「すいません、クレジットカード受け付けてますか?」
「受け付けてません。」

ところが、そのお姉さんそこから動かない・・・。うーん、外には既に出にくい雰囲気・・・。しょうがねー。ここで食べよう。味はというと・・・日本で食べる韓国料理とはなんか違う・・・。例によって、お水はオーダーしなかったので、激辛いのに水がねぇ。つらいよー。結局ここで、17ポンド取られて、だいたい25ユーロくらい払いました。うまくはなかったけどな、25ユーロくらいならまあ我慢できる味か・・・。のこり35ユーロ。これはまずいなぁ。夕飯はクレジットカードでたべるしかないな・・・。まだケンタッキー食べてないのに・・・。

その夜、ロンドンブリッジの近くにいた私達の小腹がまた減ってきました。ちょうど、そこにWAGAMAMAという名の洒落たラーメン店がありました。この店、インターネットの飲食サイトで結構、高評価だったのです。おぉ~VISAカードOKです!はいりましょう!はいりましょう!なんだ、しゃれた、学食みたいな雰囲気です。そこで、さまざまな人種がラーメンを食べております。結構繁盛しているようです。料理人は・・・何人ですかあなた達は・・・?でもさ、どこのくにから来たってがんばれば誰にでも習得することはできるさ!よっしゃ、今晩はらーめんだぁ!サンタンジェロはシーフードラーメン、私はわかめラーメンを頼みました。


さぁさぁ、きましたよ、お待ちかねのらーめんがさ!箸を二つに割って、どんぶりに箸を入れ麺を掴みます。

麺が~!!!

束っ束!!

・・・。
しょうがないので、束のラーメンに食らいつきます。・・・これは!まずい。ラーメンってこんなにまずくできるんですね。何事もね、経験ですよ。ラーメンってまずく作ろうと思うとかなりまずくできます。知りませんでした。インターネット上のあの高評価はなんだったのでしょうか。サンタンジェロは幸せ者です。こんなゴミみたいなラーメンを、うまいうまい言って食べてます。「よかったら、サンタンジェロ私のも食べていいよ」と言ったら、「オマエ、日本食なのに残すのか?本気?いいの、食べて?」というので、食え食えと言って全部あげました。こんなの日本食でもなんでもねぇよ・・・。さてお会計ですが、ここで、24ポンド取られました。これ、ラーメン2杯と、水で35ユーロすなわち5000円ってどういうこと???日本だったらおいしいラーメンが最低でも5杯はたべれますよ???この束っ束ゴミラーメンに5000円も・・・ちくしょう・・・。

もうロンドンでご飯たべたくない・・・。
(TдT)
まずいよー。なに食ってもまずいよー。



さあ、最終日の朝です。もうさ、35ユーロでどうにかやろうぜ~とは思っていても、未練がましい、サンタンジェロとサンベネデット。またまたしつこくもATMにチャレンジすると・・・





キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
お金キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

どうせお金でてこないよ、というつもりで操作したので、200ユーロもおろしてしまいました・・・。ロンドンにいれる時間はあと5時間しかないのに、あと5時間でこんなに使わないよ・・・。


そんなこんなで、ロンドン旅行を終えたのですがね、今回ロンドンに行くにあたって、考えたのですが、ロンドンにはJAPAN CENTERという日本食や、雑誌をいぱーい売ってる店があるんです。そこで、カップラーメンを買ってたべるというのは、どうですか、いいアイデアだと思いませんか?そうでしょう、そうでしょう。だって、まっずい束っ束ゴミラーメンが5000円ですよ?前回、できなかったジャンクの食べ歩きをするとともに、カップラーメンとかも食してみたいと思っている次第でございます。私、エースコックのわかめラーメンと、ぺヤングの焼きそばが大好きなんですけど、もーかれこれ、7ヶ月くらいたべてないですから、この機会に食べたいと思います。
wakameramen.jpg
item_yakisoba01.jpg

外国にいるときみなさんも日本のどーしょもないもの食べたくなりますよね?それが、慢性化したのが私の症状でして、なかなか食べれないと思うとますます欲求は増すのです。

あと、わすれちゃいかんのが、オロナミンC ね。
oronaminc.jpg

これ、ガッツリ飲んできます。実は2月に日本に帰ったときにあまりの寒さに飲むのを忘れてしまったのです・・・。オロナミンC に関しては末期の症状です。早く摂取しないと手遅れになりそうです。オロナミンC の禁断症状のせいで私の妄想癖が一層激しくなっています。
納豆も売っているそうでして、ただホテルにレンジがないので、これ、米がないと辛いですよね。花嫁さんに白いご飯をゆずってもらおうか、いろいろ思案しているところでございます。

さぁ!カップラーメンを食べにロンドンに出発だー!

月曜日(日本時間の火曜)にイタリアに帰ってきます。そのときまた報告しまーす!皆さん寒くなってきましたから風邪などひかないようくれぐれもお気をつけて!ではいってまいりまーす。




ロンドンくんだりでカップラーメンを食べることを夢みるサンタンジェロとサンベネデットを応援してくれる方!今日も以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとお願いしまっす。ネタが続く限りがんばりまっせー。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

ロレンツォ

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
プルプルプル、イタリア寒いです~。昨日フィレンツェに行ったら若干2名ほど、ダウンジャケットの輩がいました。それはちょっと早すぎないかい。




1日目夕方、ロンドン在住のサンタンジェロのヘビメタ仲間に会う予定がありました。名前をロレンツォと申します。このロレンツォ、喉に肉があり得ないほどつきすぎて顔と喉が一体になっているのですが、喉の部分にヒゲをはやすことによって、顔と喉を区別することに成功しております。「うまいことやったな、オマエ」と常々関心しております。


lore.jpg
うまいことヒゲで顔と喉を区別することに成功しているロレンツォ



このロレンツォはサンタンジェロのヘビメタ仲間でして、酔っ払うとヘビメタ特有の「ぅおぉぉぉぉぉ~」という地獄の声を発します。おもしろいです。

とりあえず、現金がありませんから、ロレンツォにお金を借してくれるように頼むつもりです。100ユーロでもかしてくれれば助かります。

ところがさすがにこの男ケチですから、あからさまに嫌な顔をされて、

「お前らな金がないのに旅行にくるなんて、計画をたてるってことしらないのか?」
と申した。

(;・∀・)ハッ?
お金がないのに旅行に来たと思われたようです。
フン!別にお金がないんじゃなくて、お金をおろせないだけですよ。しかも私らはこのロレンツォの両親のことも知っているし、近くにすんでる仲だというのに!!もういい、もういい。お金なんていらないよーだ。( `д´) ケッ!
まあね、自業自得でロレンツォはなんの罪もないんですけどね・・・。

このロレンツォに連れられてまたカムデンタウンへ・・・。おまいらは他の場所はしらないのかよ。
camdentown.jpg

カムデンタウンでケンタッキーでもバーガーキングでもないインド人経営のファーストフードでハンバーガーのみ(飲み物無し)を現金で払い食べました。水無しでパンを飲み込むのは結構大変ってことを初めて知りました。喉の粘膜を根こそぎパンが吸収してしまう感じです。いやー何事も経験しないとわかりませんね。・・・だけど喉かわいた~よ~。その後パブへ行きました。そこで、奇跡が・・・。ドケチのロレンツォがビールをおごってくれた!うわーい、うわーい!

・・・そのあと2杯目はこっちがおごらされました・・・。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ さすがケチは抜け目ねぇな。


はぁぁぁ~。お金かしてもらえなかったな~。よりによって、ロンドンにいる唯一の友達がこのロレンツォってのが、まぁ、痛いじゃないですか・・・。残りあと2日。
その日の午後、残りの100ユーロを両替してしまって、サンタンジェロのヘビメタグッズをかってしまったので、のこり約60ユーロです。どうする、明日、あさって。
ケンタッキーとバーガーキングできれば、韓国料理もたべたいのになぁ~。


あともう1回続く・・・



えーまだ続くのーもういいよー。まぁまぁ、そんなこといわないで辛抱強くお付き合いくださいませ。
私らってほんと運がないのよねぇ。皆さんの運を少しわけてくださいな!運を分けていただくには下のボタンをポチ、ポチーポチーっと押すだけで、とっても簡単です!皆さん応援心からありがとうございます。本日もご訪問いただきありがとうございました!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

腹減った・・・

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
私達は空腹です。
私は前回来たことがるので、カムデンの奥に食べ物の屋台があることを知っていました。サンタンジェロはそういう雰囲気が大好きなので、是非あそこへ連れて行きたいとおもっていました。案の定大興奮、「スーッッッ!!!」「スーッッッ!!!」「スーッッッ!!!」「スーッッッ!!!」。「俺全部食べた~い」(この「スーッッッ!」の意味が分からない方は「ヘビーメタル」のタイトルの記事をご参照くださいね!)


「でもここクレジットカードで払えないからさ、10ポンドしかたべれないよ。」かわいそうだがね、俺たちは今苦境に立たされているんだよ、君。

(´・ω・`)ショボーン

「一人一皿でよろしく。水は二人で1本。」

(つд⊂)エーン

ああ、つらい、私も全部食べたいよ~。
大して値段もしないのにたべれないって、ほんっと辛いですね。

サンタンジェロはチャーハンの鶏肉のせ、私はカレーを頼みました。味は・・・だしがきいてねぇよ。この二つと水で15ユーロすなわち2000円かぁ、恐るべしロンドン。

私はあのあたりで両替の店をみなかったのですが、あるんですかね?

私達に残された一縷の希望は、ロンドン在住のサンタンジェロのヘビメタ友達、ロレンツォだけです。すでに会う約束は取っていたのですが、、、この人ケチで有名なんです。
たとえば、この夏サンタンジェロとその仲間達で、GOD'S OF METALというヘビメタイベントのために皆でお金を出し合って、ビールを沢山買ってボローニャまでいったわけです。そこにはこのイベントのためにわざわざイタリアに帰ってきたロレンツォもいました。ロレンツォはイギリス人の友人もつれてきていたのですが、自分ばっかりビールを飲んで、イギリス人の友達には1本もあげないんだそうです。見かねたサンタンジェロとその仲間達が、

「おい、おまえ、友達にもビールあげろよ」と言うと、
「ダメだこいつらは金をはらってねぇ」と言って、やっぱり友達には1本もあげなかったらしいのです。

・・・そんな人物が果たしてお金をかしてくれるでしょうか・・・。

もうちょっと続きます。



どこに行っても運に見放されたサンタンジェロとサンベネデットを応援してくださる方!今日も以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただければ少しは皆様の運をわけてもらえるかもしれません。ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

お金がない・・・

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
ロンドンに着きました!(一昨年のお話です)
私達は別々にイミグレで審査を受けました。とっとと申請を終えたサンタンジェロが審査の順番を待っている私をビデオカメラで撮っています。

サンタンジェロがニヤニヤしながらイミグレ内を撮影していると、そこで恐ろしい顔をした警察がフランチェスコの肩をトントン。サンタンジェロは振り向くと顔を硬直させました。英語でなにやら言われている。英語がさっぱりわからないサンタンジェロもさすがに、このビデオか?と分かった様子で、向こうも「そうだ、とめろ!ナ~ウ!」と言って去っていった様子。

私が審査を終えて、でてくるやいなや
「あの、やろう英語でなんか言ってきやがってよ~」
普通、イミグレとか撮っていいと思わないでしょ。相変わらすのジャングルぶりですね。

バスのチケットはもうインターネットで購入していたので、バスで市内へ向かいました。
うわーお!サンタンジェロはロンドンに来るのは初めて。バス停の近くのお土産屋で早速大興奮。でも私実はさっきから尿意を催してまして、できましたら、早速ではございますが、トイレに行きたいのですが・・・

サンタンジェロも実は漏れそうってことで、トイレを探しますが、日本以外の国ってのはトイレがそうそうあるわけではない・・・。散々ウロウロウロウロしたあげく喫茶店風の店にはいって2,5ポンドのマフィンを購入。それだけ買ってトイレもつかわせてもらった・・・。しっかしよく考えてみると、このマフィン3,5ユーロ?てことは、500円?なんだものすごい高いもの買っちゃったんだなあ。マフィンなんか100円でいいだろ!

これで、ワシらも準備が整いました。さて、今度はお金をひきだしましょうかね。



゚(∀) ゚ エッ?
お金でてきませ~ん。
もう一度トライ!

( ゚Д゚)アライヤダ!!

お金やっぱりでてきません。


な~んだよ、イタリアもイギリスもたいして違わないな、ATM壊れてるし潤オ。ユーロで持ってた150ユーロのうち、50ユーロを両替。わーい、やった!そのお金でバスの一日パスを買って、ホテルに向かう。ホテルに向かうバスに乗りながら、ハッとしました。

( ゚д゚)ハッ!
「もしかして、キャッシュカードの海外使用解除する必要がある???」
「・・・・ということか・・・?」

すぐにイタリアの銀行にでんわする。

やっぱりそうでした。カードがブロックされたままでした。すぐにブロック解除の手続きをしました。

その後ホテルに行き、2日分のホテル代をクレジットカードで支払い、ちょっとマタ~リしてからサンタンジェロの憧れの町カムデンタウンへ!私は早速カムデンのマーケットでかわいい15ポンドのスカートをみつけ現金で購入。うわーい、かわいいねー。現金はあれよあれよ、もうあと10ポンドしかない。さあさあ、銀行に行ってお金おろそうぜい。






ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
また、お金が引き出せません・・・。

またまた、イタリアの銀行へ電話すると、2日から3日かかるんだそうです。
。゚(゚´Д`゚)゚。

私はイタリアではあまり食べられないジャンクフードをいっぱい食べたかったので、キャッシュはどうしても必要です。バーガーキングで食べたいがために、私の自宅から30Km以上はあると思われる高速道路内サービスエリアにあるトスカーナ唯一のバーガーキングにわざわざ出かけていくような私ですから、今回ジャンク食べ歩きは大切なことです。
・・・しかし、これから3日間120ユーロそこそこでどうするんだよ~。日本の感覚だとね、一人1万円で毎日ジャンクだったら余裕でしょと思われるでしょう?ところがね、ヨーロッパではマックのセットメニューが1000円くらいしますから、厳しいのです。しかも、サンタンジェロの目標はカムデンマーケットでヘビメタウェアー及びヘビメタグッズを買うことです。このカムデンマーケット、クレジットカードで払えないところが多い・・・。

まだ、つづく・・・



どこにいってもついてない、サンタンジェロとサンベネデット・・・。応援してくださる方下のボタンポチ、ポチ、ポチーっとしてくださいな潤オ。皆さんの応援とてもうれしいです!



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

キャッシュカード不正使用されました。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
私とサンタンジェロ実は私の友達の結婚式のためロンドンに招待されているのです。今度の金曜日に出発予定であります。

ところで、一昨年もロンドンへ行きましたが、そのときにはとんだ目にあいました。

ロンドンに行く前の年の事。
ある日サンタンジェロがATMから明細をとって戻ってきて、私に聞ききます。

「おい、サンベネデットお前毎日250ユーロ下ろされてるけど、心当たりあるか?」

(゚Д゚)ハァ?
「全く無いですけど?」

「・・・・・」
「・・・・・へへへ、これってもしかして、不正使用されてる?
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
大変だ~!」

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
「ほんとか?」
「だって、君も私も使ってないんだし!ほれ!すぐに使用停止だ!」

その日は日曜ということもあり銀行にすぐ問い合わせると言うことができませんでした。
なんとか使用停止のてづづきは終わったのですが、もう、すでに1250ユーロが引きおろされていました・・・。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
1250ユーロあったら、おんどりゃ、どんなステキな貧乏旅行ができるとおもってんだ~。
(´;ω;`)ウッ…

その一日の長かったこと、1250ユーロのことを考えると夜も眠れないのでした。その翌日一番のりで銀行へ行きました。預金が不正に引き出されている旨伝えると、

「あ~、丁度よかったー。今ねあんた達に電話しようと思ってたの。キャッシュカードが不正使用されてるみたいだから~ウフ」笑みまでこぼれてるよ。
「ちょ、ちょっと1250ユーロも、もうおろされちゃったんですけどどうするんですか?????」

「あー大丈夫お金返ってくるよ。」

゚(∀) ゚ エッ?
「お金全部かえってくるんですか?」
「そうだよ。」
イェーイ!全部お金かえってくるよ~!貧乏旅行にまたいけるよ~!

それから半年後無事にお金は手元に帰ってきた。
でも、もうこんなことはゴメンなんで、キャッシュカードの海外利用をストップしました。また、いつか海外に行くときには一時的に使えるようにすればいいらしいです。


それをすっかり忘れていました・・・。
私達はロンドンに出発してしまった!

次回につづく!



いつもサンタンジェロとサンベネデットを応援していただきありがとうございます!今日も以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけますと、大変うれしゅーございます!応援ありがとうございます!


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

アントニオ

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
サンタンジェロの友人のダミアーノはちょっと変わってます。会うたびに興奮状態なんです。
初めて会ったときにいきなり聞かれました。

「アントニオは元気にしてるかよ」

初対面のあなたと共通の知り合いのアントニオ・・・ってどのアントニオだろ???
「えっとー、アントニオってどのアントニオだっけな・・・」

「日本人なのに、偉大なアントニオをしらないのかよ~、え~!」

いや、どのアントニオのことだか・・・
「う~ん、だからどのアントニオよ・・・」





「アントニオ猪木にきまってんだろ~」




・・・・。
・・・そっちのアントニオですか、そこまでは思考が追いつきませんでした。
なんで、オマイがアントニオ猪木を知ってんだよ・・・。


inoki.jpg
これは、アントキの猪木でした・・・元気ですか!

それから会うたびに

アントニオ~猪木~!

と盛大にやってくれるんですけど、はずかしいですよ。



日本アニメパワー恐るべしです。毎日が日曜日のサンベネデットは今日も家でグータラしてまーす。月曜日はいつわたしに訪れるのだろ?無職のサンベネデットを引き続き応援おねがいいたします!以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとねしていただけますと、就職活動にも力が入ります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

フワフワの毛の動物が好き

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
この猫達昔私が飼ってた猫達です。
かわいいですね~。

siro.jpg
この子は、車のボンネットの上でゴロンゴロンしてて、誤って転がり落ちて横っ腹を強打するような子です。


miya.jpg
この子は上の子と下の子の親です。すっごく愛嬌のある子で近所のみんなにかわいがっていただきました。


cha.jpg
この子はオスで、おなかをさすってあげると、ドデーっと横倒しになるんです。かわいいですよー。


私猫大好きなんですけどね~、残念ながら猫飼えないんです・・・。
サンタジェロが猫アレルギーなんです・・・。
私の妹なんて今実家で6匹も猫を飼ってるんです。うらやましいです。そんなある日私の妹がアレルギーフリーの猫がいるとメールで知らせてきました。アレルギーフリーだったら私らにも猫が飼えるかもと一縷の望みをいだいたのでした。
期待に胸膨らませて、サンタンジェロにも「アレルギーフリーの猫がいるんだって、私らも猫飼えるかもよ!」と言って喜んでいたのでした。写真が届きました。↓








16590588_572707842.jpg


( ゚д゚)



・・・・。
(TдT)
猫ならなんでもいいんじゃないんですよ・・・。「猫」ときいて誰もが想像するような猫が欲しいんですよ~!いくら猫好きでも、直接皮膚をなぜるのは嫌です。猫は毛があるからかわいいんですよね~!

唯一この種の猫の写真でみつけたのがこの写真だったのでしょうか?なにもこの写真じゃなくてもよかったんじゃ・・・。この猫この表情みてるだけで、腹立つっす。



サンタンジェロも期待が大きかっただけに、落胆も大きかったようです。猫が好きなのに猫アレルギーってかわいそうですよね・・・。




ふわふわの毛の生えた動物が家にいると落ち着きますよね。あー猫がいる生活あこがれます。
しっかし、イタリアブログのはずなんですけどね、ブログってこんなんでいいんですかね。こんなんでいいんじゃないっすか~?と思われる方は是非、以下のボタンをポチ、ポチ、ポチ~っとしてください。この調子でいいですか~?


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

日本は中国の一部です。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
イタリア人のおっさん、おばさん、じいさん、ばあさんの中にはどうも、日本という国が中国という大きな国の一部だと思っている人が居ると私は感じている。

またまた、私が住んでいるフィレンツェ近郊の町での話しだが、タバコなんかを買いにいくとおっさんに話しかけられることが多々ある。もう、それだけで、ウザイのに、

「お前達、中国人はさ~」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
中国人。


「おじさん、中国のことは私はわかんないですよ」
「だって、中国人だろ、おまえ」
「違います。」
「じゃあ、どこから来たんだ」
「日本です」
「あー日本。中国とかわんないだろ?」


デタ━━━゚(∀)゚━━━!!


アジア = 中国!!中国 = アジア!!
(おい!サンベネデット飛躍しすぎだぞ)

このおっさん達、いったい地図をどのように理解しているのでしょうか?地図をみたいことがないのでしょうか。私の見解ではイタリア人の想像する世界地図ではイタリアはアメリカの次ぐらいに国土があると睨んでいます。そして、他のヨーロッパの国々は全部ひっくるめてイタリアと同じくらいの大きさになるか、またはそれ以下。日本はありますが、島ではなく大陸の一部です。彼らの地図では中国はアジア全域の総称であり代表する県の名称です。しかし、このアジア全域といっても存在する国、もとい、省は、中国、フィリピン、日本、韓国くらいでしょうか。この省で中国はなりたっています。ですから、日本省民であり、イタリア人からは私達は日本国籍をあたえてはもらえないのです。


まーた、サンベネデットがわけの分からないことをいいだした~とお思いでしょうねー、みなさん。わかりますよー。ほんっとに皆さんの思ってらっしゃること理解できます。今度イタリアにいらっしゃる時には、イタリア人に自己紹介なさるときには是非
「中国は日本省からまいりました○○です。」とやってみてください。なんにも突っ込まれないはずです。ただし、60才以上のおじさん、おばさんにやってみてくださいね!
これもイタリア人の「愛嬌」のひとつです。




みなさん、私のくだらない超個人的見解を発表するくだらないブログを見てくださってありがとうございます!みなさんの応援がとても励みになっています!さーって、私、中国は日本省東京県出身のサンベネデットまだまだ、がんばりまーす!今日も以下のボタンポチ、ポチ、ポチーっとしていただけますと、俄然やる気がでてまいります!おねがいしまーす。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

得意技 ケロっ!

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
夫婦で生活するってほんっとに忍耐いりますよねぇ。

イタリア人って職場とかでも、すっごい喧嘩とかするんですよねー。ほんとにびっくりしちゃいますよ。
最近やっとサンタンジェロと私もお互いのペースがわかってきたのか(何年かかってんだか・・・)喧嘩の頻度も激減しました・・・しかーし、以前は、まぁよく喧嘩もしましたよ。だって、この国の習慣が必ずしも私の習慣じゃないですからね、なんかちょっとしたことが、気に入らなかったりしてたんでしょうね。私もシチリア人のツッケンドンな物の言いかたが気に入らなかったりしました。

それで、イタリア人の喧嘩のしかたなんですけど、すごいですよ。そんなことまで言うのかよーってことを平気で言います。日本だった、いくら喧嘩してても、それは我慢していわないだろ~ってことを言われますから、もう~こっちもカーっっとなります。私の場合怒り出したらいつまでも怒ってます。
ところが、イタリア人たちは結構言うこと言ったら、ケローっとしてんですよ。うちの相棒もしばらくすると、喧嘩してたってことわすれるのか、

「あも~れ~」

と呼んできます。

(ω・ )ゝ なんだって?
「誰のことだ?そのあもーれってのは?え?おまえ、さっきあんなひどいこといったのによくも、まぁ、平気な顔してあも~れ~なんてよべるな?はずかしいとおもわないのかよ?え?」

私はこうして最低丸一日は怒ってます。むこうはケローのイタリア人になれてるので、こんなに長く怒りを持続できることが理解できないみたいです。でもね、ほんっとに、毎日愛してるよーとかって言う輩が、どの口でそんな酷いことを言えるかねーと思うんですよ。日本人の頭では考え付かないようなひどいこというんですよ。まぁ~腹立ちますよ。

私もあのケローを習得したほうが、イタリアでサバイバル生活を送るにあたって自分のためになるんでしょうね。なかなかこのケローが難しいんだな~。




私の無益なブログにようこそ~。ほんと、このブログが何かの役に立つってことは無いと思いますので、電車の中なんかでサラーっと呼んでいただければ幸せでございます。以下のボタンをポチ、ポト、ポチーっとしていただけると皆様に応援してただいてるなーとダイレクトにつたわってきて大変励みになります!よろしくおねがいします!皆様の暖かい応援のおかげで、ブログランキングで、上位にランキングしています!うわーい!ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

寝かせろや~(TдT)

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
結婚当初、脱獄してから賃貸のアパートに移り住みました。
プラートというテキスタイル製造工場がいっぱいあることで知られいる町です。私達が借りた部屋のまん前には、中国人の工場がありましたが、騒音があるというわけでもなかったので、なんの躊躇もなくその部屋を借りることにしました。工場の前にはなにやらあやしい野菜が干されていたり、子供が排尿していたりしましたが、子供ですからね、なんとも思わずに10月から6月くらいまで問題もなく過ごせたました。ところが、夏が来て自体が一転しました。

夏は暑くて、窓を締めっきりにして寝ると言うことができません。というわけで、雨戸をおろして、ドアは開けて寝ていました。11時頃にはすでに就寝していた私達ですが、真夜中の2時ごろになると、







「^#%)(*%$@!!!」
「@$(*)_+^%@#%#%!!#$&???」






アホかっちゅーくらいの大声で何か言い合ってるんだかなんかしてんですよ。夜中の2時っすよ?

( ゚д゚)ハッ!
ガバー!(目が覚めて起き上がる)
おんどりゃ~中国人め~!!!



「黙れ!ヴォケー!今何時だとおもってんじゃ!!!」

( ゚Д゚)ヴォケ!!
こちとら寝てんだよ!




シーン・・・
静寂が帰ってきたようです。
イタリア語は分からなくても、怒られたことは分かった様子。なんだ、言えば分かるじゃん。




よかった、これで安眠できる。寝よ寝よ!










明け方4時。





「^#%)(*%$@!!!」
「@$(*)_+^%@#%#%!!#$&???」




( ゚д゚)ハッ!
・・・・・・・・イライライライラ
またかよ!オイ!俺様はなぁー、安眠を妨害されることほど、嫌いなことはないんじゃ~!
明け方4時っていったら、もうかなーり深ーく、気持ちよーく眠ってる時間じゃないですか、それを、それをこの人たちは!!!


「おんどりゃー!黙れー!」
ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!


・・・シーン。

フン!寝よ寝よ。







朝、6時。








ー!!!!ペッッッッ!!!ガガガガぺ!!!!


。゚(゚´Д`゚)゚。
痰はいてるし・・・。


夏中、中国人が朝から痰を吐く音で目を覚ます、サンベネデットでした。
夜中の大声とも戦いも夏中続きました・・・。


中国の人って個人的に知り合うといい人達なんですけど、素行がちょっとジャングル風なんですよね。もうちょっと生活習慣をイタリアに合わせていただけると、私たち日本人も助かるのですけどね。やっぱり痰を吐くのはどうかと思いますよね?




中国人の大声に悩まされ、中国人の痰を吐く音で起床していたサンベネデットのブログがブログ村イタリア情報で3位になりました!!本当にびっくりしています!コレも全て、暖かく応援してくださる皆様のおかげです!これからもネタが続く限り応援してください!よろしくお願いいたします!今日も以下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけると、イタリアで中国人として生きていく活力になります!よろしくおねがいします!



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

ジャングル出身ですけど、何か?

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
今日といっても日本時間の昨日、数少なすぎのイタリア人の友達二人に久しぶりに会いました。
このお二人名前をフランチェスカとリベラといいます。二人とも元同僚なんです。

イタリアに来てからというもの、仕事の同僚とは仕事だけのお付き合いをしてきましたが、この二人はすっごくやさしくて、おもいやりがあるんです。日本ではねー、仕事の同僚と愚痴りあったり、プライベートの悩みを相談しあったり、そして、ヒミツが外にもれるってことはありませんが、ここイタリアでは違います。今日しゃべったことが明日にはフィレンツェ中のうわさになります。イタリア人に秘密を共有させると範囲が広がりすぎちゃって全然ヒミツじゃなくなってしまいます。

さて、この二人というか、私達3人今無職なんですけど、フランチェスカはフライトアテンダントをしているんですけど、今、旅行業界が不況だそうで、契約更新してもらえなかったそうです。そういうわけで、今は更新待ちです。リベラは、時間があるのを逆に利用して、私は全然気がつかなかったんですけど、鷲鼻の整形手術をしたそうです。(゚Д゚ )アラヤダ!!

この二人が会って開口一番言ったのが、

「ねぇ、サンベネデット、なんであなた日本に帰らないの?日本だったら仕事なんか選ばなきゃいくらでもあるでしょう?」

そんなに簡単じゃなんですよー。(´∀`*)
「私には選ばなきゃなんでもあるけどさ、サンタンジェロをどうするよ?あれ、日本語も英語もダメでしょ?イタリア語しか話せない外国人なんか日本じゃ誰もやとってくれないよ・・・。」

「でも、言語なんて、習えばなんとかなるでしょう?」

「うーん、どうだろう、もう私らも歳が歳だからそんなに簡単には習得できないんじゃないかな・・・?そういえばさ、私日本にいたときチュニジア人の知り合いがいたんだけど、テイクアウェイのお店で仕出しの仕事してたけど、600ユーロくらいしかもらってないと思うよ。日本でいい歳した男が600ユーロって、極貧だよ。極貧になるために日本にかえるならイタリアにいたほうがいいよ。イタリアだったらみんなおんなじ給料だし。仕事さえあればそんなに居心地悪くもないし・・・」

ここで、フランチェスカが顔色を変えた!
( ゚皿゚)キーッ!!
「あら、そうかしら、この国は居心地が悪いったらないわよ!サンベネデット、私が働いてる航空会社なんかね、正社員達の働かないことといったら、あなた想像できないわよ!」

「想像できますよ~。駅員みてれば全てを推測することができるよ。」

「それでね、私達契約社員なんて必死で2倍も3倍も働いて、それで、仕事がなきゃこれよ?この国はね、無知な奴ほど出世するのよ!」( ゚皿゚)キーッ!!

うわー、言っちゃった。
今日はいつもにもまして、自国に対して腹が立ってるみたいだな。

リベラも参戦。
「私なんてね、この前まで働いてたところにちゃんとお給料払ってもらってないのよ~!」( ゚皿゚)キーッ!!

「イタリアの最大の間違いはなんだと思う?」フランチェスカが私に問う。

「えーっと・・・」

「一度正社員になるとよっぽどのよっぽどのことが無い限り首にしないことよ。」

「そうだね、日本の働かない人間とイタリアの働かない人間の間には相当の差があるもんね、大勢の人間が一緒に働いてるところだとなおさらそうみたいだよね。さぼりやすいからね。うちの父親も会社を経営してるけど、一人の従業員が人通りの少ないとおりに会社のトラックをとめて昼寝をしてるのを何度もみつけたんで、辞めてもらったみたいだよ。」

「そうでしょ?そうでしょ?法律を変えて、雇用主も従業員もどちらも姑息なことができないようなこと考えなくちゃダメよ!」

おっと、私のテーブルで「イタリアを良くしよう会議」が白熱してます。定年退職した親父だけのものとおもったがね。でも、本当にフランチェスカが怒るのもムリないです。会社の規模がおおきくて、経営者と毎日顔を合わさなくてもいいような所ほどそうみたいです。

いやー、サンタンジェロを日本に連れて帰ったら規則が窮屈で窒息してしまうんじゃないかな~。面接で足組んだり、椅子にそっくりかえったりしたら、即不採用ですよ?サングラスとか面接にしてったら、面接もしてもらえないですよ?私ら日本人はそれが普通なんですけど、イタリアでは全然普通じゃないですからね~。君は規則になれることができるのか?イタリアみたいに


「昨日ジャングルからでてきましたけど、何か?」







tarzan.jpg




みたいな野性的な行動はできないんですよ?日本はね、秩序を重んじる国で、イタリアみたいにそれぞれ好き勝手にバッラバラなことできないんですからね。イタリア人 in  ジャパン
ってどうなんですかね?馴染めないんじゃないでしょうかね?






秩序の無いイタリアから秩序のないブログをお送りしているサンベネデットは、おこがましくもブログランキングに参加しています!皆様の暖かい応援のおかげで現在6位になりました!本当にみなさんのおかげです!!これからもどうぞ、サンベネデットをよろしくおねがいします!今日も、以下のボタンをぽち、ぽち、ぽち!っとしていただけると、明日の活力につながります。ご訪問ありがとうございました!




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

日本に海はねぇ

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
海の話をしていた時、サンタンジェロの妹の夫マッシモが言った。

「でも、サンベネデットの国には海はないだろう?」
( ̄△ ̄;)エッ・・?
「え?ありますけど、、、」
どこに?
「どこにって、島国ですけど」
島じゃないだろ、お前の国は?」

この人はどこの国と勘違いしちゃってんのかな。モンゴル?チベット?ラオス?

サンタンジェロが
「日本は島国だ」
と断言してその話はおわったのだけど、義弟の府に落ちない顔、見逃しませんでしたよ。

まず、なぜこの人はその国の国民を差し置いて、なんの疑いもなく、そんなに大胆に自分の考えを押し通すのか、、、。イタリア人ってなんで信念を疑ってみるということをしないのだろう????政治経済に弱いので、日本の政治経済についてご教授してくれるなら、じーっと話を聞いているけど、海があるか、ないかって話はちょっと待て、「日本に海は無い!」とかって断言されたくない。

なぜなら「ある!」からだ!

面倒くさいときは「はいはい、じゃあ、そういうことで」ってなってしまう私も日本に海があるか無いかは譲れませんよ。「そうだねー日本に海はないねー」という寛容さは私にはございません。

なんかあそこまで断言されるとこっちの信念が揺らぐわ。日本って島国ですよね?

注)↑私の創作話じゃないです。実話です。


ほんっとイタリア人って愛嬌たっぷり~。ランキングに参加しています!今日もくだらないお話にお付き合いくださりありがとうございます。下のボタンをポチ、ポチ、ポチーっとしていただけると、幸いにございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

B型イタリア料理

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
いつもいつも、くだらないことばかりなんで、今日は私の代表的な手抜き料理をごしょうかいします。「もう、こんな料理しってるよ~」ってかたはごめんなさい。知ったかぶらせていただきます。


あ!ヤバイ!旦那があと1時間でかえってくるが、鳥を解凍するの忘れてた!て時ありますよね。あるある。ある!
そんな時に重宝するのがこの料理。
pollo ancora congelato

凍ったまんまの鳥とたまねぎをてっきと~に切ったのと、塩、ローズマリー、(生があったらいいんでしょうが、私はもっぱら乾燥をつかいます)をいれて、煮ます。


patate in pezzi

その間に、芋を切って耐熱の入れ物にいれ、オリーブオイル(多めにね。今回私、少なすぎたみたいです。)、塩とローズマリーをいれて、かき回します。芋とオイルが十分に絡むようにね。

in forno solo patate

そいで、芋だけとっとと、オーブンにいれます。私は190度に設定します。が、適当でOKです。

in forno con pollo

鳥はあまり煮込まないで、中まで火が通ったら、先ほどの芋のトレーをだしてきて、その上に鳥をドンドンおいてしまいます。豪快だなー。
そして、またオーブンに入れます。私は途中でひっくり返しますけど、もう茹でてありますから、時間がなければそれで、出しちまいましょう。

fatto.jpg

出来上がりはこれです。
鳥の使った部分が部分ですから、グロイですが、私はここではさみで関節をちょん切ります。そうして、テーブルにだします。鳥の皮が苦手なサンタンジェロもパリパリの皮なら好んでたべてくれます。
手羽先と手羽元って日本では結構お値段するんでしょうか?イタリアでは鳥の部位のなかでは一番安いです。胴体から切り離されてないとさらに安い。お値段は1,9ユーロでした。私手羽元大好きなんで、ほんと助かります。
あ、そうだそうだ、これ1時間丁度でできあがります。



ちょっとは有益でしたかね?どうですかね?不安・・・。
今のところ暇なんで、1日2回のペースで更新してるじゃないですか?この調子で行くと1年に730のネタが必要なわけでして・・・。いろんなところに手ださないといつかネタ切れになると思うんです。我慢してください。



それでもサンベネデットを応援してくださるかた!下のボタンポチ、ポチ、ポチーっとお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

若ハゲ

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
サンタンジェロもねー昔はまあ~豊富に髪の毛があったんですけどね。私が知り合ったとき、彼は26歳くらいだったと思うんですけど、そのときにはもうスキンヘッドでした・・・。イタリア人って男性ホルモン多すぎなのか、若禿げ多いですよね~。女性も男性ホルモンが多いのか、多数のおばさん、ばあさんに黒い口ひげが・・・。

たまーに、思い出したようにサンタンジェロが自分の豊富だった頃の髪の毛についてかたりだします。。。

「俺の髪はよ~、もうーチリチリでゴワゴワで強いんだよ。それが、こんなとこまであったんだぜ(と胸のあたりを指す)。それでな、ボリュームがすごかったんだぜ~。昔の同僚からはライオンって呼ばれたもんだぜ。」

じゃ、今その同僚にばったりあったらどうすんだよ。まさか、今の状態で「おう、ライオン!」とはよべないだろ?猫ほども髪がないんですから。(*`艸´)

「どんなに強いかってーとな、普通お前なんか海に入ったら、髪の毛ぬれるだろ。俺の髪の毛はな、海にばっしゃーんとつかっても海からパっとでると、元通りのボリュームなんだよ。」

ほんとかよ~?

「まさか、自分がこんな風になるとは思いもしなかったぜ~」
「でもさ、スキンヘッド似合ってるからいいよ。もう髪は努力しても生えてこないよ。」

「・・・・・そうだな。」シュン。
かわいそ・・・

ところで、私の実父ですが、もう何十年も手作りで「毛生え液」を製造しています・・・。私もそのレシピの詳細はしらないのですが、ゆで卵を剥いたあとに殻の内側にある皮膜や、昆布をつかうようです。洗面所に牛乳瓶があり、その半透明の液体の中に白い怪しい膜がユーラユーラしていて、さらに昆布のほかに、白い小さな沈殿物・・・。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
キモーイ!
体に良い影響あるんでしょうか?
効くんだか効かないんだかは謎ですが、諦めずに製造しております。

私もかなり髪の毛やばくなりそうな予感。髪質が父親そっくり・・・。
_| ̄|○


皆様今日もご訪問ありがとうございます!
以下のボタンをポチっとお願いします!ランキングがあがりますとともに他の皆様のより有益なブログのリストをみることができます。ハイっポチ!ポチ!ポチ!



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

ヘビーメタル

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
私の相棒のサンタンジェロですが、みなさんどういった風貌をご想像ですか?
サンタンジェロはシチリア人にしてはずいぶん色が白いほうです。そして、特徴的なのはなんといってもそのスキンヘッドでしょう。

なぜスキンヘッドにしているかというと・・・




( ´ノД`)コッソリ
禿げているからです。
Σ(゚Д゚;)アラマッ





落ち武者禿げなんです。
そんなサンタンジェロには叶わぬ夢があります。
髪を長~く長~くのばしてヘビメタのコンサートで頭と髪の毛をグルングルン振り回す・・・
・・・それは、ムリってもんだろ~。落ち武者禿げで髪の毛グルングルンされても痛々しいよお。
だって第一さ~、落ち武者禿げは髪の毛伸ばしちゃいけないんだよ。ザビエルだったらさ~なんとか、見苦しいなりに、あ~ザビエルねってなるけど、落ち武者はダメだよ~。

それはそうと、私の家のちかくにヘビメタディスコがあるんですけどね、私ぁ、イタリアのああいうところってほんっとに苦手なんですけど、無理やり連れて行かれるんです。でもね、普通のディスコよりいたって健全なんですよ。なんかみんな音楽愛してるだけって感じの若者ばっかりで。風貌はそりゃすっごい格好の人もいますがね、中身はみんなやさしい人ばっかりです。中国人(日本人ですけど、中国人と思われてる)の私をジロジロみる人もいないです。普通のディスコに行くとすっごいみられるんですけどね。

そのヘビメタディスコでは、ダンスフロアーがあるんです。
そこで全員







エアギター・・・
(゚∀゚)キタコレ!!







あ、エアギターみなさんご存知ですよね。わからない方のために説明しますと、実際にはありもしないギターをあたかも演奏しているようなフリをすることです。
最初の頃はなんだここは???って思ったんですけど、今では音楽に対する愛が伝わってきます。腕を突き上げたり、中指と薬指を折るお決まりの手のポーズしてみたり、完全に陶酔しちゃってんですよね、みんな。さて、私の相棒はというと、お気に入りの曲がかかると、「スーッッッ!」と言います。なんか分からないんですけど、すぼめた口から息を吸い込む音だと思うんですけど、かわいいものを見たとき、お気に入りのものがあったときにこの音を発します。私がディスコで遠くのソファから相棒を観察していると「スーッッッ!」「スーッッッ!」「スーッッッ!」「スーッッッ!」。この歌好きなんだねってのが、遠くにいてもすぐわかります。一生懸命音楽にあわせて頭をグルグルしてるんですけど、なんせ、髪の毛がないですからねあんまり豪快な感じはありません。健気よのぉ。


周りでは、豪快に長ーい髪をグールグルまわしてます。
がんばれ~サンタンジェロ~ロンゲに負けるな~
サンタンジェロも負けずにグルングルン頭を回しています。
一生懸命、回しているのだけど、やっぱり髪の毛がないことによって、なにか頭を前に突き出して、見えない何かを頭でグリグリ押し込めようとしている姿に見えてくる。



「そんなに一生懸命何を押し込めようとしてるんですか???」
「手を使え、手を!」

(*`艸´)
ひとりでニタニタしてしまう、サンベネデット。
ソファーに戻ってきたサンタンジェロ。疲れてる様子です。そりゃそうだわな。ロンゲの人たちは髪を回すから最初に勢いつけてあげればそんなに頭を振らずとも回るけど、サンタンジェロの場合頭思いっきり回さないとなんのこっちゃ分からないもんね。だから首にものすごい負担がかかるんです。

明日はボローニャのクラブでコンサートがあるそうで、行くんだそうです。
首を痛めないように気をつけろや。


今日もくだらない話にお付き合いいただきありがとうございます。ブラグランキングにご協力ください!飽きっぽいB型の私の励みになります!夜露死苦!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

飢えてます

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
まだまだ、ネタがつきないイタリア人話なんですけど、今日は休憩をいれて、無益中の無益!わたしの「飢え」についてです。

「えー!次回有益なことについて考えるといったじゃーん」

と思ったあなた。はい、お黙り。
サンベネデットの人生には有益なことはあまりないのでーす。


イタリアに住んでいて、一番辛いな~と思うのは、なんといっても「食」でしょうかね。いくらイタリアの料理がおいしいって言ったってさ、慣れ親しんだ料理にはかなわないです・・・。ロンドンロス、ニューヨーク、バンコク等の大都会に住んでいる人のブログを見ると、なんだか、そんなに日本の食べ物に飢えてないんですけど、、、フィレンツェ近郊の田舎に住んでる私はかなり、飢えます。
ロンドンの日本人駐在員のブログに「帰ったら吉野家の牛丼食いに行くぞー」とかって書いてあって、急に親近感感じてしまうのでした。

ズラズラ列挙してみますと、

吉野家の牛丼
てんやの天丼
モスのテリヤキチキンバーガー
ミスドのドーナツ
ケンタッキーのチキン
どのメーカーでもいいからとりあえず肉まん
雪見だいふく
もなかアイス
アロエヨーグルト
午後の紅茶
オロナミンC





(;´Д`)
こうしてみると大したもんじゃないんだな・・・。
どういうものに慣れ親しんでたんだか・・・。
でもな、作ろうと思ってもな、なかなか大変なんです。










オロナミンC の作り方ご存知の方、連絡お待ちしております。










アジのひらきが大好きな私ですが、アジをこの国でみたことがないんですけど、うっているのでしょうか?もし、万が一、アジを購入できたら、アジの開きつくっちゃいます。開いて干せばいいんだそうで、、、簡単そうですよね。どなたか、フィレンツェ近郊でアジが手に入るところご存知でしたらコメントお願いいたします。
納豆も以外に手作りできそうではあるのですが、納豆菌とやらがてにはいりませんよね、この国じゃ。藁には生息しているらしいのですが雑菌も繁殖してしまうらしく、家でつくるのには適さないそうです。

サンベネデットはイタリアに来て、ほんっとに何をしてんでしょうね。
イタリアに来て、納豆やアジの開きを作ることを日夜真剣に考えてるなんて、ほんっとにバカですよねー。まっさかねーこんなに飢えることになるとは、自分でもほんっとびっくりしてんですよ。

本日もくだらないお話にお付き合いくださりありがとうございます。
下のボタンぽちっとしてただけますとうれしゅうございます。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

効率について考えようぜ

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
相棒の故郷シチリア島から電車でフィレンツェに帰るときのこと。
行きは、お義父さんの車に便乗させてもらって、レッジョカラブリアとメッシーナの間の海は連絡線に車ごと乗り込んで、無事上陸したのですが、帰りは電車です。メッシーナで一旦電車を降りるのでしょうか?

「ねぇ、サンタンジェロ。帰りの電車なんだけど、メッシーナで一旦降りるわけ?」
「ん?オレもわかんない、、、」

なんとも頼りがいのないサンタンジェロ。

「だって、電車はさすがに連絡船にはのらないでしょ?」
「んー?わかんね」

ちょっと、この人シチリア人のくせに何もしらないのかよ。
もう、いいよ、オメーさんには何もきかねぇっす。

そして、当日午後。
カニカッティ↑(ティを強く発音する)の駅からアグリジェント発ミラノ行きに乗る。
順調に旅は進んでいるようにみえたのだが、カターニャあたりからどうも停車時間が長い。やっとどうにかメッシーナに着いたんだけど、あたりはもう暗いよ。、また何をしてんだか、モタモタモタモタ。

とにかく、どうやら、メッシーナで下車しなくちゃいけない雰囲気はない。みんな乗車したままだ。
1時間半くらいモタモタしていただろうか、あ、電車が動き出したぁよ!







工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工










こ、これ電車が、船の中にはいってるし・・・。
ゴトンゴトーン

しかも他の電車も乗ってるし、、、。

こりゃ、時間かかるよ。






こ、こんな手の込んだことするくらいなら、一旦乗客にはおりてもらって連絡船で海を渡らして新たに電車にのらせたほうがいいんじゃないですか?な、なんですかこの新しい発想「電車を船に載せる」!これは、日本人にはなかなか出せないアイデアですよ。なぜなら効率悪すぎ!ですもんね。仕事とかでもそうだけど、イタリア人って効率とか全然考えないから、「え!なんでそんなやりかたを!?」ってことをしてんですよね。

結局、カニカッティ↑からフィレンツェまで20時間以上かかりました。ほんとこんなシンドイ旅はいまだかつてなかったです。東京ー博多間、約1200Kmをのぞみが5時間で結んでる国があると思えば、1400Kmを20時間もかけてノロノロと行く国もあるのですね。
インドや中国じゃあるまいし、イタリア、しっかりしろ!



ほんっとイタリア人って愛嬌ありすぎでおもしろいですね。以下のボタンをポチっとしていただけると幸いでございます。今日もご訪問ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

世界の中心で・・・

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
イタリア人と聞いて、皆さんどういった人間だと思われますでしょうか?
まだ私にも正直なところ、実態はつかめていません、、、。

私が住んでいるフィレンツェ近郊の町は田舎ですから、いろんな人にいろんな質問をされます。
一番、(゚Д゚) ハア??と思ったのは、名前なんか聞かれたりして名前を教えると、、





「お前の名前はカトリック名にするとなんなんだ?」


(・д・)ジーッ

えーっと、えーっと、
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )


・・・(ω・ )ゝ あんだって?


もちろん、私の本名は純日本名であって、カトリック名なんてカスってもいないわけです。
なんちゅ~ことを、おまいは聞くか?しかも、Sostituire(変換、交換) を動詞として使うんです。というわけで、ミドルネームを聞いてるんじゃないわね。


この質問、突拍子もないと思われるでしょう。この質問結構されます。若者はさすがにしないけど、おっさん、じいさんにはかなりされます。この質問を深~く掘り下げてみるとですね、根底には「世界のみんながカトリック」というお気楽な考えが浮かびあがってくるような気がします。そんなにシンプルな世の中だったらいいのにねー、おじさん。


かわいい子羊ちゃんだった最初のころは一生懸命説明しようとしたんですけどね、もう、カトリックじゃない人間てだけでも想像もできないみたいです。テレビで見たことはあっけど、実際にカトリックじゃない人間がいるとは、、、しかも、、、目の前に、、、。これは現実だろうかみたいな府におちない顔すんですよ。こういう質問って浅く広~く教育を受ける日本の感覚だと本当に信じられないと思うんですよ。私も最初、こっのおっさん、何を意図しているんだろうってかんがえたものだったよ。
Ψ( ̄(エ) ̄)Ψオ・テ・ア・ゲ
彼らの中では、カトリックの世界こそが世界であり、それ以外は世界には所属しないみたいなところが少なからずあるのですよ。あくまで、おっさん、おばさん、じいさん、ばあさんの話です。若い子は柔らかい脳みそと、テレビのおかげでなんとか、世界にはいろいろな宗教がある、名前の形態はカトリックのそれとは違うってことくらいは分かっているみたいです。

この質問されて気分が悪いって言うんじゃないんですけどね、でも、この人たちの世界ってどんなに狭いんだろうって思うことがあります。サンベネデット、おまいの視界が狭いよと普通みなさんおもわれますよね、すっごい分かりますよ、私もね、そんなわけあるかーいと思っていたものでした。もちろん、博識な方もいらっしゃいます、イタリア人の博識な方は本当に博識です。BARとかで朝から晩までたむろって「イタリアを良くする会議」をしているおっさんなんかは、ホントにオメーは地図広げたことあんのかよ?と言う感じなんです。
こういう類の質問って向こうは初めてした質問かもしれないけど、私ゃ、もう何回も同じ質問を受けているので結構うんざりしているのです。
それでもね、イタリア人って心根が極悪って人は少ないですから救われます。





ほんと毎回毎回、私の超個人的見解をだらだら書くブログですいません、、、。ほんっとに無益ですねー。なんか有益なことちっとかんがえて見ます。よろしければ、↓ポチっとおねがいします。ご訪問いただきありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

さぁ、食え~!

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
自分が口にしないものを、食べている人間をすっごい非難する人っていますよね、イタリア人の間でも結構多いんですよ。

非難の対象になりやすいのはやっぱり犬猫ね。個人的には食ってのは文化で人道的な見解しめされても困るよね、と思ってしまう。猫大好きだし、個人的には食べないですけど、目の前で解体するのみるとか辛いですけど、でも、ずーっと食べてきて、それをイキナリ、おまいら明日から猫食うなって言われたら、こまってしまいますよね。私は食いしん坊なんで、ほんとなにか大好物を食うなとかいわれたら、最高凹みますわ。絶滅危惧種じゃ、しょうがないけどさ~。

私の家では、結構くじら食べてたんですよ。味噌汁に鯨の脂身みたいな、白いのと黒い歯ごたえのいいのがくっついてるんです。


なぁにこの絵と思った人ぉ?
これかなりうまく描けてます。

イメージとしてはこういう感じなんですけど、くじらのどの部分かは、全く分かりません。。。この脂身が茹でると引き締まっておいしいんだな~。もう、何年も食べてないなぁ。

イタリアにいて、イタリア人によくされる質問のうちのひとつに、

「日本人も犬猫をたべるのか?」

です。
それで、私が食べるっていうのは聞いたこと無いけどっていうと、だいたい食べる人間への誹謗中傷がはじまる。長年食ってきてるんだから、ほっといてやれよ。ったく。
しかも、イタリアだってけっこう何でも食うんだ、この人達。
いのしし、鹿、うさぎ、カエル、かたつむり、、、この食材は日本に居るときには口にしたことがないよ。

ウサギにいたってはスーパーの棚で丸ごとプラスチックのトレーに窮屈そうに押し込められて、ラップにくるまれてるのをみるといたたまりません。とさかつきの鶏も丸ごとトレーの上ですよ。丸ごとトレーの上ってところが物悲しいんです。でもさ、食は文化と思うから別に非難したりはしませんけどね。それなのに、イタリア人が「ったくオリエンターレは犬猫なんか食ったりして、けしからん」とかってのを聞くとちょっと、こめかみの辺りがピキッとしますわな。

夫のサンタンジェロはカタツムリが大好物で。。。一度、両親からのシチリア土産に鍋一杯にカタツムリもらったことがあるんだけど、、、。ほんとにふっつーのカタツムリ。
( ̄へ ̄|||) ウーム
これ、私も食うんすか?


lumache sotto i ripari
参考画像


「今晩全部食べちゃおう!」

えー、全部っすか。
ほんとにおいしいんですか?見た目はぐろいけどな。
食わず嫌いはいかんよな。よっしゃー今日は全部カタツムリ全部食っちゃお~う。


サンタンジェロが料理して、食卓に大量の死んだかたつむりが。

(゚Д゚)

「うまいから、食ってみろ~。ほれ、こうやって楊枝で中身を取り出すんだ」

うえ~。キモイ。
でも、うまいかもしれないからな、じゃあ、お言葉に甘えてひとついただきます。。。

食べて見ると意外と味はサザエっぽいし、歯ごたえもサザエ。サザエのつぼ焼きは私の大好物のひとつだけど、でもやっぱり、見た目が、、、ムリ。あまりにも子供のときから慣れ親しんだその外見。カタツムリって目がのびるんだよな~、、、うえ。やっぱムリ。

「ゴメンね、おいしいけど、ちょっと、やっぱり見ためがダメみたい。全部たべていいよ」
「え!全部たべていいの?本当?」
「いいよ、いいよ、全部ペロリといっちゃって」
「うわーい!」

よかった、よろこんでるみたい。
ほんとにムリだ。なにが嫌だって、何個も食べたらさ、胃に何匹もカタツムリが収納されるわけじゃあないですか。しかも歯で噛むときに、まさか今目のところかんじゃってんじゃないかな、とかってリアルに生きてた姿想像してしまうんです。食後、サンタンジェロの胃に百匹以上ののカタツムリが収納されたと思うと、なんだか複雑でした。でもね、文化ですからね、しょうがないですよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

本能で行動せよ!~サバイバル~

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
たまーに、イタリアに関する日本の本を友達経由で手にすることがある。

でも、だいたいその手の本って、なんだかなーって感じなんです(個人的な意見です不快におもわれたら、ごめんなさい)。だって、大抵、

「あら、イタリアってこんなにすばらし~んですのよ~オ~ホホホホ」
「イタリア人のこういうところ、見習うベキデスノヨ~オ~ホホホホ」
「日本人ってかっこ悪るうござますから、お気をつけあそばせ、オ~ホホホホ」

っていう、イタリア万歳本が多すぎなんですもん。
読んでると、肩こっちゃいますよ。
確かにね、イタリアにだって、日本人が見習うべきところありますよ。で~もさ~、そこまで、イタリアよいしょするメリットってなんなの?日本なんかイタリア人が見習ったほうがいいことなんて、ほんっとに山ほどあります。

あ、そっか、

「イタリアっていいとこもあれば、悪いとこもありますよ~」

なんて、普通に書いても書籍としては売れないのかな。
イタリアにもいいとこはいっぱい、、、(いっぱいは嘘かな)、、、ある、、、。
ちょっと、良い例がみつからない、、、。
フ、フレンドリーなところかな?



私の個人的な意見なんですけど、イタリア人って長所も激で、過剰なんです。だから、長所も長所じゃなくなっちゃうときが多々あるんだと思うんです。フレンドリーすぎて、土足で上がってくる人っているじゃないですか、だんだんそういう風になってくるんです。長所と短所がここまで紙一重の人種も、まぁー、珍しいのですかね。



日本人の礼儀正しさ、正直さ、それから、真面目さは多くのイタリア人が学ぶべきことだと思いますけど、一握りの人間がそうなっても、狡猾なイタリア人が多いですから、生き残れないんですよねー。生き残るためには自分もより狡猾に虎視眈々とチャンスを狙う風にならざるを得ないです。殺るか、殺られるかです。(ちょっと、それは大げさでしょ)

とはいえ、たまにはうちのサンタンジェロのように時間はきっちり守るイタリア人もいます。約束の時間に来るかこないかは、結構私の中では重要な要素です。特に知りあい始めは、これは、個人的に一番重要です。その人物の私という人間を、どの程度の位置づけでみているのかの判断基準にします。

時間より早く来てまっている、これ◎!
きっちり時間通り~10分程度のおくれ○、
それ以上△。
30分以上×

これは、あくまで対イタリア人に対する私の個人的見解です。あとは、遅刻の理由にもよりますし、頻度も関係してきますので、一概に一回の遅刻でどうのこうのっていうんじゃありません。サンタンジェロは毎回毎回時間より早くきて、私が住んでるアパートの下で待っていました。この人ほんとエライなーと関心したものでした。
個人的な我慢の限界ともいえるか?へへへ、サンベネデット許容量、小さいね。
(* ̄m ̄)ウシシシ...


とにかく、イタリア人ってほんっとに人間的です。日本社会では想像もつかないほど本能的にみなさん生きていらっしゃるように私には見えます。

私もイタリアに来たときは、まー、かわいい子羊ちゃんだったんですけどね。

よろしければ、下のバナーをクリックしていただけますと、ランキングが上がりますとともに、他の方のより有益なブログを見ることができます。今日もご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

靴があったら履く

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
文化や習慣が違うっておもしろいですよねー。

うちのサンタンジェロはヌボーっとしてるんで、たまに面白い行動するんですけどね。日本でもやらかしてくれましたよ。

初日、ばあちゃん家で夜くつろいでいたとき、ばあちゃんがお風呂が沸いたんで入って来いという。じゃあ、サンタンジェロ、オメー先に入ってこいよってことで、先に入らしたんですよ。風呂場に入って、どうやったらお湯がでるとか、この小さい椅子にすわって体洗うと楽だよとかって説明したわけです。こっちも心配なんでしつこく説明したら、

「わかーったよ。森の中からでてきたわけじゃないんだからそのくらいわかるぜ。」

ああ、そうですか。じゃあ、ごゆっくり。

で、サンタンジェロ風呂終わって出てきた。

「問題なかった?」
「問題なし」

じゃ、私の番だな。
さーて風呂に入っかと、引き扉を開ける、ガラガラガラ。
お風呂を洗うときにはくプラスチックの靴の中に大量の水。
( ̄△ ̄;)エッ・・?




shoose.jpg





なんで?




ま、まさかアイツこの靴を履いてシャワーをしてたんじゃ???(゚Д゚) ハア??
もー、なんだアイツじゃあ、この靴履いてシャワーのところまで行って、シャワー浴びて水で重くなったその靴を引きずって3歩ほどの出口まで歩いたのかな?やってくれるよ、サンタンジェロ。おかしくて、おかしくて一人で風呂に入りながら笑っちゃいましたよ。だって、なんのために?本来足が濡れないようにとおいてある靴を、シャワーをしながら履いてるんじゃ、全く意味ないじゃないですか。あ、そっか、靴にお湯がはって、あったまるからいいとか?どうなの、それは?


風呂から出て、

「ねえ、サンタンジェロ、あんたもしかしてあの靴履いてシャワーしたの?」
「そうだけど、違った?」

やっぱりな。
もう~ほんっとにオメーは笑わせてくれるよ。

「だって、お風呂の使い方説明してくれる時、サンベネデットだって、あの靴履いてたじゃん。」

そ、そうでした。で、でもさ、あの時は靴下が濡れないように履いたんであって。。。

「そうじゃないなら、説明してくれれば良いのに。」

だって、もういい、わかったっていったじゃん。

ばあちゃんも母も大笑いですよ。
まあね、習慣がちがいますもんね。
靴が用意してあったらとりあえず履くみたいです。

よろしければ下のボタンをポチっとしていただけますと、ランキングが上がりますとともに、他の皆様のよりおもしろいブログを見ることができます!ご訪問ありがとうございました!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

掃除 ~娑婆の空気はうめーぜ~

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
イタリアにいらっしゃったことある方も多いと思いますが、街中ってなにやらゴミが沢山おちててきたないですよね~。なんかいい歳したおばちゃんが、( ̄ω ̄=)ノ” ⌒*  ポイッ!とかってゴミ捨てるのみると、悲しくなりますね。

ところがどっこいですよ、イタリア人の多くの家のなかってきちんと整理整頓されて光り輝いてるんですよ。。。
(; ̄Д ̄)なんじゃと?

私の姑なんか朝の6時には起きて、せかせかせかせか動き回ってます。
ほんっとに、結婚当初、同居させていただいていたんですけどね、暮らしにくかったですよ。私日本女子ですから髪の毛黒いじゃないですか、それが、床におちてると目だってしょうがないから、頼むから髪を結わってくれと頼まれました。。。生きてるんだからしょうがないじゃん。。。

今は同居してないんですけど、開放された当時は刑務所を出所するようなスガスガしさを味わいました。娑婆の空気はうめーよ。

たまーに、姑の家行くとホント酸欠になります。水温があがりすぎて、アップアップしてる魚を想像していただけるとピッタリくると思います。
毎食事後、食器類を洗い乾かし、シンクを洗い乾かし、テーブルの上に綺麗な布を引きその上に造花を飾る。
繰り返しますけど、毎回ですよ。どうせ汚れるじゃんとおもいますけどね。凡人の私なんか。私も食器を乾かすくらい手伝いますけど、あとは彼女なりの順番を追ってやらなくちゃいけないんで、頼まれたらやるスタンスにしないと、向こうはサンベネデットがまた余計なことを、、、とイライラするみたいなんですよね。
そいで、もう、毎日掃除してんだから、掃除するとこなんかないので、毎日家具なんかに磨きをかけるわけなんですけどね、磨きすぎで塗装がはげちゃってるんですけど、、、それは、ありなの?床もモップのかけすぎで明らかに最初の輝きを失っている、、、。

イタリア人がまさか、こんなに綺麗好きとは夢にも思わなかったですよ。私ぁ。

ちょっと、長くなってますけど、お許しを。
私の夫、サンタンジェロを日本に連れて行ったときですよ、空港から直接新宿なんかを見に行ったわけですよ。

「うわー、日本は街が清潔だね。さすが、日本人!」

やべ、コイツどう考えても家も綺麗なはずと自然に想像してる。私の家のレベルは結構すごいのだ。というのも、私の母は離婚して、私の祖母つまり彼女の母と暮らしている。その家というのが築40年の骨董品なんだ。この私の祖母がなんでもとっておく人なので、家がものにあふれている。棚の上にある赤茶色のサントリーのダンボール箱は25年以上そこにある。うちの母は整理整頓だけはきっちりしておくタイプなので、イライラするらしいんですけど、捨てると怒るらしいです。裏の白い広告を切って束ねてメモ帳にしたもの、多すぎじゃないですか?しかもいつの時代のものですか、それ、、、。

そこにサンタンジェロ登場。ここにこれから2週間泊まるのだ。

家自体は古い平屋建てなので、いたくお気に召した様子なんですけど、やっぱり、どーも散らかった様子に唖然としている。日本の家って、大体、何かしらテーブルの上に載ってるし、何かしら、外にでてますよね。なんかそれに、驚いてる。

「なんで、食卓の上に常に調味料がでてんだろう」

とかって、思っているのはお見通しなんだよ、サンタンジェロくん。サンタンジェロも私を傷つけまいとして何も言わない。汚かったら、汚いって言ってくれたほうが楽です~。
日本の清潔で完璧は整理整頓のイメージがみごとに崩壊してしまったようです。

ばあちゃん、赤茶色のサントリーのダンボール箱、そろそろ捨てようか?

下のバナーをクリックしていただけますと、ランキングが上がりますとともに、他の皆様のより愉快で有益なブログをごらんいただけます!ご訪問くださった皆様ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

イタリアの物価

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪サンベネデットです!
実は今現在私は無職でかなりの時間があります。
ブログの更新も面白いのでかけるときに一杯書いちまおうと思いま~す!

写真の掲載っておもったより面倒くさいんですね。
サイズ縮小しないとだめで、、、

まぁまぁまぁ、
時間だけはいっぱ~いあるんだからさ。

今日はイタリアの物価について書きます。
まず物価といっても、そこに生活し働く人がどのくらいの給料をもらっているかを知る必要がありますよね。イタリアにいらしたことのある方はご存知かと思いますが、ユーロ導入後のインフラには恐ろしいものがありました。しかし、労働者の給料は全く上がらない。。。(゚Д゚) ハア??

イタリアでは多くの人が大体900ユーロから1300ユーロ程度の月給で生きています。
それを踏まえた上でのCOOPという大手スーパーのチラシです。



P10108701.jpg

ふーん、オリーブオイルが3,27ユーロか。。。昔は3ユーロ以下のものが結構あったのですけどね。今は安売りで3,5ユーロ前後が普通です。その下のパスタは500gでこの値段は高いなぁ。いいものなんでしょうね。


P1010874.jpg

はいこれ問題のアサリ。これは安いですねー。普段の値段は、7ユーロ程度と結構アサリ高いです。アサリ大好きなんですけどね、なかなか食べられません。
(T_T) 
私はもっぱら冷凍アサリをつかっていますが、これはかなりお得ですね。

P1010873.jpg

洗剤の日本の相場がよくわかりませんが、これ、安いけど、高い。2つでですけどね、それでも、高いですよね。だって、給料が1000ユーロですからね。

P1010872.jpg

コーラは日本と同じくらいの値段ですかね。

P1010871.jpg

モッツァレッラはイタリアのほうが断然安いですよね。あたりまえか。。。
これは、モッツァレッラ3つ入りの値段です。


私は今は無職ですが、普通販売員の仕事をしていますが、よくお客さんから、物価がものすごく高いがイタリア人はどのくらいの給料をもらってるんですか?という質問を受けます。。。物価の割りにものすごく給料は低いんですよね。。。イメージ的には、フリーター給料って感じですか。

フィレンツェ市内のBARなどでは、500mlのコーラが2,5ユーロ程度で売られています。
(゚Д゚) ハア??
高くないですか?
私は絶対にそんなコーラは買わない!ジェラートよりコーラのほうが好きですけど、2,5ユーロはださない!あり得ない!

前回の記事で今月々のローンが850と書きました。
1000ユーロ程度の給料で、ローンが850ユーロです。すごいですよねー。
私も自分で関心してしまいます。私達が無謀なのでなく、イタリア人って結構そんな人ばっかりです。もちろん、共働きでなくちゃいきていけないですよー。

宝くじでもあたらないかね、これ。

よろしかったらこちらクリックしていただけますと、ランキングがあがりますとともに、他のみなさまのより面白いブログがみれます。今日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ←ポチ!
←ポチ!
←ポチー!

Appendix


お得なポイント貯まる!ECナビ


▲これで航空マイレージも貯めれるよ。ワシはUAのマイルに交換した~。なんとか、有効期限延長に成功したぜっ!

Monthly Archives


▲サンベネデットはチマチマチマチマお小遣いかせぎはじめたよ。ダラダラがんばってみるだよ~。

Feeds


出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp

Extra

プロフィール

San Benedetto

Author:San Benedetto
San Benedettoがイタリアの現実をだーらだーらだーらだーら紹介します。ほんとつまんないですよ~、私のブログ。ほんと無益ですし。たまには有益なことも書けるといいのですが~。どうだろ?

お気に入りに追加!

お気に入りに追加♪

↑Firefox には対応してないようです・・・

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。